« 八月 2006 | Main | 十月 2006 »

今期最初で最後の

今期最初で最後の

甲子園詣でにやって来ました。
ゲームのほうは、猛虎隊のミスを俺竜隊がしっかり突いて得点を重ねるという、今期を象徴するような展開になってしまいましたが、久々に猛虎迷のヤジやボヤキが聞けて、私は「やっぱり甲子園はええなあ」と満足でした。

今日のピカイチ:
「なにがタイロン・ウッズや、おまえタイガー・ウッズのまがいもんか! 悔しかったらゴルフクラブで打ってみい!!」

ところで、トラッキー&ラッキーは中の人が変わったんだろうか(中の人などいない! 笑)。スタメン発表にあわせて、トラッキーが各選手のフォームを真似してみせるんですが、去年よりヘタになってます。いや、はっきり言ってお話にならないレベルっす。ほかの動きも、全体にキレがないように思えるし。ラッキーちゃんも、愛想の振りまき方が去年と違う気がするんスけど。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

カズミで負けちゃあしょうがねえや

カズミで負けちゃあしょうがねえや

これで鷹隊はレギュラーシーズン3位。プレーオフ第1ラウンドをアウェイで戦うことになりました。
今日も吉田修司は“火に油”状態だったみたいだけど、まだ使うの?>森脇・杉本ご両所
とはいえ、投手陣はよく頑張ってきましたよ。やっぱ問題はヘタレな打線でしょう。プレーオフでまた対戦する可能性があるってのに、相変わらず八木を打てないし。

なんて愚痴っててもはじまらんわ。過去2回のプレーオフは、どこか“受け”に回っていたところがありましたが、今年は挑戦者として向かっていけます。負けてもともとと思って、果敢にいこうぜ!

| | Comments (1) | TrackBack (0)

負けてなお 首がつながる 運のよさ(おそまつ)

負けてなお 首がつながる 運のよさ(おそまつ)

完成賽事

鷹隊2―5歐力士

ゲッツーを焦った本多君のエラーはたいそう高くつきましたが、ポストシーズンのゲームでないだけまだよかったっすね。あそこはむしろ渚が踏ん張らにゃいかんのに、よりによってホームランはないでしょう(`o´)。ミスしたルーキーの傷口に塩を擦り込んで、球場全体を失意のどん底に叩き落としてくれました。
本多君も渚も、“一球の怖さ”をあらためて肝に銘じて、プレーオフに臨んでちょうだい。
てな感じで締めようと思ったら、雄獅隊も火腿隊も負けですと? いやいや恐るべしアンダードッグ。これでまだ、3チームとも1位〜3位の目があることに。ま、鷹隊は、1つでも負ければ3位決定という厳しい立場に変わりありませんが。
《訂正》雄獅隊は、2位以上が確定しました。火腿隊と鷹隊の直接対決があるので、両方に抜かれることはないっす。失礼しました>せっちゃん。

写真は渚弁当。ゴーヤーチャンプルーとラフテーが入ってるのはお約束として、タコウインナーが渚の好物ってのはどうなの?(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

おいおい3位でいいのかよ

おいおい3位でいいのかよ

完成賽事

鷹隊4―5歐力士

せっかく火腿隊が負けたのに、お付き合いしてどうする>鷹隊。火腿隊はまだ直接対決があるけど、雄獅隊に離されちゃったら1位通過はムリだってえの。
疑問点が2つ。篠原も神内も三瀬っちもいる中で、同点の8回に吉田修司が左のリリーフで出てきたのはなぜ? 同点に追いついた8回裏、なおも二死二・三塁で、田上秀則も仲澤も大道もいるのに、本間に代打を送らなかったのはなぜ?
ま、客観的にみれば、今日は3位相当のゲーム運びと言われてもしかたないでしょうな。

営業サイドでは、写真のようなフラッグを配って盛り上げようとしてますが、このままじゃ最悪雅虎圓頂棒球場でプレーオフをやらずに終わっちゃうなんてことにもなりかねないよー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

巻頭小特集!?

巻頭小特集!?

まるで『エスパルスニュース』のような表紙の、『週刊サッカーダイジェスト』今週号。しかし、表紙のわりには実質10ページと大特集とは言いがたいボリュームで、ちょっと肩透かしを食ったような。ま、特集してくれるだけありがたいんですが。
そもそも、特集のテーマは「考察・新世代台頭」で、その例としてエスパルスが取り上げられているのでした。でも選手インタビューはテル。テーマと違う!ってツッコミが入りそうですが、いやいや『ダイジェスト』は今年のエスパルスをよくわかってる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

後付け? サキ付け?

後付け? サキ付け?

昨日は「先得JAL'S MATCH」ということで、前トピックの写真のとおりゴール裏にはJAL提供の歴代ビッグフラッグが同時に出現しました。
入場時にはJALの宣伝チラシをもらいましたが、先得だけでなくバーゲンフェアやバースデー割引にも、相武紗季ちゃんが全面展開。まだ空港にはお目見得してないチラシながら、どうやら紗季ちゃんが新しいイメージキャラクターとして矢田ちゃんの後を襲うもようです。
で、これって、もともと紗季ちゃんの起用が決まっていた中で、サキ得の駄洒落を後付けしたんでしょうか。それとも、先得の宣伝キャラとしての駄洒落起用がまずあったのでしょうか。
どっちでもいいだろうって? いや、後者だったらアホらしくて笑えるなと思って。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

今季最低(当社比)

今季最低(当社比)

完成賽事

清水心跳 1
鹿島鹿角 2

今季生観戦した中では最低の内容でした。
動きが鈍い、パスが遅い、守備が軽い。さらには必死さでも相手に負けていました。
気を緩めればたちまちヤラレるということを、肝に銘じてもらえればと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

と、統合? そうくるか!?

と、統合? そうくるか!?

JFLの佐川急便東京SCと大阪SCが、来期から「佐川急便SC」に統合ですと!? どちらも実力のあるいいチームなだけに少々残念な気がします。佐川ダービーも観られなくなるし(佐川印刷は、佐川急便傘下ではないとか)。
両チームの選手たちの去就も気になるところです。影山や鈴木俊はコーチに“上がって”しまうのだろうか。
しかし、一方で喜んでる人たちも。JFL下位チームは、17位でも残留。地域リーグ決勝大会の1位チームは自動昇格。悲喜こもごもですなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

101か所目のスタジアム

「101回目のプロポーズ」にひっかけたタイトルになってますが、狙ったわけではなく偶然です。
これまでに生観戦したスタジアムの数を数えてみたところ、9日の金沢市民サッカー場がちょうど100か所目、北谷公園陸上競技場が101か所目にあたることが判明しました。
じつは、数えているうちにいくつか疑義が生じてきて、北谷が100か所目じゃないか、いやもっと前にクリアしてるんじゃないか、なんて具合になかなか定まらなかったんですよ。
吉田鋳造所長や“無料試合のS氏”は「観戦ピッチ数」を問題にしていますが、当委員会は蹴球場を「スタジアム」と読んで、観戦空間としてのスタジアムを俎上に載せていますので、スタンドのない会場での観戦は、たとえ公式戦であったとしても、やはり外したほうがいいだろう、ということにしております。
じゃあ仮設スタンドはどうなのか。仮設がダメなら、日立柏サッカー場はスタジアムじゃないのか(笑)。まあこれはケースバイケースで考えるよりないでしょう。日立柏サッカー場はれっきとしたスタジアムです。
Jクラブの練習場には、見学者用の席を(それもピッチレベルのベンチではなく、スタンドと言っても差し支えないようなヒナ壇状のを)設けてあるところがありますが、そこでたとえばサテライトリーグやユースなどのゲームを観戦したら、その練習場はスタジアムといえるのか。今のところそういう経験はありませんが、たとえば宮の沢白い恋人サッカー場は、そこらのヘタなグラウンドよりよっぽどスタジアムっぽいっすよね。これもケースバイケースだなあ。

……なんか、ケースバイケースが多いぞ。いいのかそんなアバウトなルールで>ぢぶん(^^;;;。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

炎天下がまん大会PART2(だから違うって)

炎天下がまん大会PART2(だから違うって)

完成賽事

FC琉球 2
佐川大阪 1

バーゲンフェアで沖縄にやってまいりました。
北谷公園陸上競技場は、海っぺりにあるので風はよく通ります。しかしスタンドには申しわけ程度の屋根しかなく、今日のように思い切り晴れると、見やすいけど日射しに晒されるスタンドか、見づらいけど木陰のある芝生席かという選択を迫られることになります。ま、いかにもJFLという規模のスタジアムですね。
そこに4000人近い観客を集めてしまうFC琉球。JFLではダントツの集客力です。
やってるサッカーは、失礼ながら正直JFL下位相当のレベルだなあと思います。攻守にわたってサポートの動きが少なく、フィードともクリアともつかないロングボールや足元へのパスがやたら多い。今日はセットプレーから2点をあげて勝ちましたが、これが終始テクニカルエリアで大声を張り上げてる与那城監督の目指すサッカーだとは、とうてい思えません。
それでも、やはり沖縄初の全国リーグということで、関心を集めているようです。
このクラブの目標はJリーグですが、それはまだ“夢”の段階でしょう。でも“夢”を見る・託すことができる存在があるのはいいことです。用地も予算のメドもないのに、サッカー専用スタジアムの設計案ができているんスよ。ありえない? いやいや、おもしろいじゃないっすか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

炎天下がまん比べサッカー大会(違うって)

炎天下がまん比べサッカー大会(違うって)

完成賽事

北電青羊 4
索尼仙臺 2

アローズ北陸、年1回の金沢開催です。
金沢市民サッカー場は初めてですが(というか、そもそも石川県のスタジアムに行くのが初めて)、高岡スポーツコアや砥部や春野の球技場を彷彿とさせる、小ぢんまりとしたスタジアムですな。

アローズは、相変わらず入りの5分と上がりの5分に集中力を欠いて、あっさりと失点してしまいましたが、今日は両SBのサイド攻撃がよく効いて、北川のハットトリックを含む4得点。後半はソニー仙台に退場者が出たこともあって、ボール支配でも上回りました。こうなると、過去の対戦成績(アローズの1勝2分9敗。意外な分の悪さ)などどっか行っちゃいます。
しかしまあ、今日の金沢は暑いの何の。午後4時前でも34℃だ35℃だなんて、ちょっと晴れすぎっす。もちろん、いちばんたいへんだったのはピッチ上の選手たちでしょう。中盤で精力的に動きまわっていた原田慎太郎は、熱中症でフラフラになってしまい、救急車が出動しました。たいしたことなければいいんですが……。

というわけで、スタバクイズの答えは「武蔵ヶ辻めいてつエムザ店」でした。正解の方にはすてきな賞品を差し上げます(って募集してねーだろ!)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

どこのスタバ?

どこのスタバ?

いえ、このスタバがとくに変わった店というわけではありません。店に入るなり席について「コーヒーちょうだい」と言ったじいさんにはちょっと驚きましたが(笑。すぐにパートナーさんが飛んできて、セルフサービスであることを説明してました)。
要は私がどこにいるのかというクイズみたいなもんです。ちなみに、福岡でも千葉でもありませんよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

でぶやin香川

でぶやin香川

「まいう〜」でおなじみの「元祖! でぶや」が、ナンチャンのナビで香川のうどん屋めぐり。で、いきなり琴南の「谷川米穀店」からスタートかい!
讃岐うどん屋は大食いに優しいので、でぶやには格好のロケ先なんですが、ナンチャンが仕切ってたせいか、セルフでサイドメニュー取りまくって食いまくる石ちゃんなんて画はなかったなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

visorとんだ・2番(泣)

visorとんだ・2番(泣)

visorとんだ またもやとんだ
ダイソーの電池 たちまち切れた
スケジュールを入れてから 同期をとっとこう
(「しゃぼん玉」のふしで)

〔解説〕
日曜日の時点では電池残量が半分はあったvisor。今日電源を入れてみたら、無反応。おいおいそりゃないだろうと思って電池を入れ替えると、電源は入ったものの初期設定の画面が現れ、データはきれいさっぱりと飛んで何ひとつ残っていなかった(このへん、1番(?)を丸写しやないの)。
ダイソーのアルカリ電池は、どうやら「アルカリ電池」という商品名のマンガン電池らしい(って誹謗中傷にあたる? このくらいは言わしてえな)。
またHotSyncで「アドレス帳」「メモ帳」「ToDoリスト」は復旧するとして、「予定表」をもう一度入れ直さないかんのが何よりげんなりするわ〜。
今度はやり方を変えて、iBook君側のPalmにスケジュールを書き込んで、それをHotSyncでvisorに流し込むことにしよう。本当はまめに同期をとればいいんだろうけど、何せiBook君はいまや隠居の身だしねえ。いちいち引っ張りだすのもねえ。
まずはまともなアルカリ電池買ってこなくちゃ。ハァ〜……。
――という重ね重ねトホホな状況を歌ったもの。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

駄洒落かよ!

駄洒落かよ!

JALの「スーパー特割28」が、11月から「先得割引」に名称変更するってんで、その告知画面です。
あー、こんなCAさんいたなーと思ってたんですが、相武紗季ちゃんだと知ってびっくりびー。正直、パッと見ではぜんっぜんわかりませんでした。よ〜っく見ればなるほどそうかと思いますが、いまだに違和感ありありっす。いや、たしかに機内でこんなCAさんを見かけたような気がするんスけどねえ……じつはそれも紗季ちゃんだったとか(ない、ない(^_^;))。

なんて錯乱しかけたところで、あることに思い当たりました。
「ひょっとして、サキ得だから紗季ちゃん?」

駄洒落かよ!(爆)

ヤレヤレ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

勘三郎襲名披露@嘉穂劇場

勘三郎襲名披露@嘉穂劇場

かつて石炭で栄えた飯塚市にある現役の芝居小屋・嘉穂劇場。ここで行われた勘三郎の襲名披露公演を観ました。
全国のこういう古い芝居小屋で襲名披露をやるってのが、いかにも勘三郎らしいっすよね。
歌舞伎座や国立劇場のデカい舞台をゆったり観るのもいいですが、こんぴら歌舞伎やここのように、小さいけれど舞台と客席が近い空間も、また独特のおもしろさがあります。胡座も正座も苦手なんで、座り方には苦労してますが(^_^;)。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

5位取り成功!

5位取り成功!

完成賽事

佐賀鳥栖 2
東京1969 0

もともと掌に汗をかきやすい体質ではあるけど、本当に「手に汗握る」展開でした。お互いにスピーディに攻め合い、球際もガシガシと厳しく、ひとつ間違えば撃ち合いの削り合いになりかねないところでしたが、サガンは守備面での頑張りが光りましたね。
鳥栖スタジアムには12000人近い観客が訪れ、選手もめっちゃ気合いが入ったもよう。ましてや、勝てばヴェルディと入れ替わって5位浮上っすからねえ。シュナ潤ならずとも「ヨッシャー!!」と叫びたくなるってもんです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« 八月 2006 | Main | 十月 2006 »