« ひさびさのルミナリエ | Main | オペラシティ→東京麺通団 »

まさかの世界“逸”

まさかの世界“逸”

まさかの世界“逸”

完成賽事

巴塞隆拿 0
伯國國際 1

タイムアップの瞬間、横浜国際総合競技場は、スタンドの大多数を占めたバルセロニスタ(“にわか”を含む)のため息に包まれました。いやー、ホントがっかりっす。
正直、動きはよくなかったっすよねー。相手がスペースを消してくるのはわかってたはずだけど、そこでスペースを作り出そうとする動きがあんまりみられなかった。速さもなかったし、流麗かつダイナミックなパスも少なかったよなあ。
ゲームの入りからして、ちょっと慎重すぎるんじゃない?って感じで、むしろ最初の15分はガンガン攻めて、そこで勝負を決めてしまうくらいのつもりでいったほうがよかったんじゃないかなあ。0―0の時間が長ければ長いほど、インテルナシオナルにチャンスが出てくるわけで、実際そのとおりになってしまいました。
いちばん心配なのは、精神的・肉体的なダメージが残って、このあと調子を崩しゃしないかという点です。フエラのクラシコや、CL一次リーグのチェルシー戦と違って、タイトルを取りにいっての負けだからねえ。
ダメージをなんとか最小限にとどめて、CL連覇して来年また来てちょうだい。忘れ物をとりにね。
写真下は、正確にボール1個分外れた(苦笑)ロナウジーニョのFK。「たら」「れば」は言うまい、食うまい……。

|

« ひさびさのルミナリエ | Main | オペラシティ→東京麺通団 »

巴塞隆拿」カテゴリの記事

Comments

優勝したんだ~♪
よかったよかった。

何故よかったのかはワタクシの日記参照w

Posted by: せっちゃん | 星期日, 17 十二月 2006 at 23:43

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67684/13104000

Listed below are links to weblogs that reference まさかの世界“逸”:

« ひさびさのルミナリエ | Main | オペラシティ→東京麺通団 »