« 我在關西國際機場 | Main | 怪しい表記の基礎知識(J2編) »

怪しい表記の基礎知識(J1編)

弊ブログにおいて最も特徴的なのが、随所に見える繁体字表記かと思います。これは、リンクを張らせていただいているKelliさんや吉田鋳造所長といった香港好きの仲間うちでメールなどにおもしろがって表記していたのが始まりでして、ブログをやるにあたってさらにエスカレートさせてしまったものです。
Categoriesの欄に載っているものは、自力で解読していただくとして(おいおい)、記事中に頻繁に登場するJリーグやプロ野球のチーム表記については、いちどきちんとご案内しておいたほうがいいでしょう。

香港には「波經」という、日本でいうところのサッカーくじがありまして、旧宗主国のイングランド・プレミアリーグをはじめ、スペイン・イタリア・ドイツ・オランダ等々のリーグ戦が賭けの対象となっています。で、その中になんと日本のJリーグも入ってるんですよ。
現地の新聞の「波經」欄を見ると、「英超」「西超」「徳甲」なんてのに混じって、「日職」の予想表もあるんですね。そこに書かれているチーム名を、弊ブログでも採用しているわけであります。

では、来期のJ118チームの表記について、以下にご案内いたします。

鹿島鹿角……鹿島アントラーズ
浦和紅鑽……浦和レッドダイヤモンズ
大宮松鼠……大宮アルディージャ
千葉市原……ジェフユナイテッド千葉・市原
柏雷素爾……柏レイソル
FC東京……FC東京
川崎前鋒……川崎フロンターレ
橫濱水手……横浜マリノス
甲府風林……ヴァンフォーレ甲府
新潟天鵝……アルビレックス新潟
清水心跳……清水エスパルス
磐田山葉……ジュビロ磐田
名古屋八鯨……名古屋グランパスエイト
大阪飛脚……ガンバ大阪
神戸勝利船……ヴィッセル神戸
廣島三箭……サンフレッチェ広島
大分三神……大分トリニータ

一部、文字化け必定な繁体字は表記を改めております。ご了承ください。
17しかないって? よく気がつかれました。あと1つ、横浜FCはJ1初昇格なので、今まで「波經」に登場したことがないんですね。ま、おそらく「橫濱FC」と表記されるものと思われますが、弊ブログではあえてそうしません。
香港リーグに「香港FC」(香港足球會)というクラブがありまして、ここは現地ではもっぱら「港會」と表記されるんです。弊ブログではこれに倣って、「濱會」と表記することにいたします。
こういう勝手ができるのも、ブログならではってことで、おゆるしくださいまし。

じつはJ2になると、勝手につけなきゃしょうがないクラブが続出するわけで(笑)。
−つづく−
(つづくのかよ!)

|

« 我在關西國際機場 | Main | 怪しい表記の基礎知識(J2編) »

網絡」カテゴリの記事

足球」カテゴリの記事

Comments

今年もどうぞよろしくm(__)m。
しかし、大阪飛脚ですか…>大阪松下隊。
去年までだったら全く別のチームでしたが(笑)。

Posted by: Kelli T. | 星期三, 03 一月 2007 at 14:29

ども、kelliさん、こちらこそよろしくお願いいたします。
“脚”の字は、「波經」表記では“月”に”卻”なんですが、フォントを入れないと出ません(^^;。
で、私も最初に見たときは佐川急便大阪SCかと思いました(笑)。

Posted by: くろがね・みちお | 星期一, 08 一月 2007 at 00:00

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67684/13286637

Listed below are links to weblogs that reference 怪しい表記の基礎知識(J1編):

« 我在關西國際機場 | Main | 怪しい表記の基礎知識(J2編) »