« 七月 2007 | Main | 九月 2007 »

カンプノウでJリーグ?

カンプノウでJリーグ?
スカパー!のJリーグ中継CM。バックのスタジアムは、国立でも横酷でも埼スタでもなく、カンプノウです。ここでJリーグのゲームをやるわけないのに、なぜ?

と思いましたが、よく考えれば、Jの特定のホームスタジアムをもってきたら、他クラブのサポから文句が出るに決まってるわね。国立ですら、アウェイとして乗り込むクラブのほうが多いわけだし。Jとはまったく関係ないスタジアムにすることで、むしろ公平性を保っているんですな。

ただ、そこで、オールド・トラッフォードでもデッレ・アルピでもアリアンツ・アレナでも、もちろんサンティアゴ・ベルナベウでもなく、ほかならぬカンプノウを選んだところが、スカパー!サッカー中継スタッフの見識というか良識というかセンスを感じさせてくれますね。ええ仕事したはりまんなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

やるじゃん戸田君!

やるじゃん戸田君!
開幕前の練習試合で某元Jリーガーに削られて、ずっと戦線離脱していた新加入の戸田君。前節初出場を果たすといきなりチェジンのゴールをアシストする活躍をみせてくれましたが、今日なんと2試合連続でチェジンにアシスト! それも途中出場のファーストタッチっすよ!! 不幸なケガで出鼻をくじかれて、ツイてないと思うところですが、なんのなんの、(運を)持ってるよ〜>戸田君。

ところで、「Jリーグアフターゲームショー」を視てて思ったのは、水野! 梶山! それにデク! そのシュートを奥運隊でみせんかい!!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

キャラメルというより……

キャラメルというより……
ハーゲンダッツの新フレーバー「ビターキャラメル」をチェックしまっせ〜!

バニラアイスにキャラメルソースがマーブルしてあるんかなー思たら、開けてびっくり、こら全面キャラメル色や〜ん。

んん〜、キャラメルの甘ーい香りがええなあ。ほなひと口……こらあれやね、この甘味と苦味は、カスタードプリンのカラメルの味やねー。キャラメルソースのもっと煮詰まったやつがカラメルやいうのは正確やないけど、仲間同士やいう事実にあらためて気づかされたわー。

なんか懐かしい感じやなあ。これはまさに、ハーゲンダッツの「三丁目の夕日」やあ〜!!(なぜか彦摩呂化)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

500搭乗ですと。

500搭乗ですと。
JGCから箱が送られてきまして、開けてみるとネームタグがごらんのように恭しく収められてました。

添えられていた書状には、「おまえはJALグループ便に500回乗りやがったから、これをくれてやる。ありがたく頂戴しろ」といった意味のことが書いてありました。

JGCに入会したときには黒いタグが送られてきましたが、こんどは緑です。黒いタグは、1つなくなってもう1つもひん曲がってしまったところなので、まるでそれを見透かしているかのようなタイミングで新しいのが送られてくるとは、ちょっとビックリざんす〜!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

リバース

リバース
完成賽事

鷹隊1―4海濱幕張隊

神内はいきなり4者連続三振という完璧な立ち上がりでしたが、ランナーを出すととたんに落ち着きをなくしてしまい、ボークがらみで先制点を献上。1失点ながら4回で降板してしまいました。

5回からは小刻みに5投手を繰り出すも、小刻みに失点(^_^;)。海濱幕張隊の先発が小林宏之であることを考えると、1点取られるごとに勝利の可能性が加速度的に遠ざかっていきました。結局昨日と逆のスコアで、昨日の勝ちは“なかったこと”に。

写真は今期途中からお目見得した「多村弁当」。そういや今までなかったねの中華弁当ですが……やっぱり鳥栖・中央軒製「杉内弁当」がいちばんうまいっす。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ムンムン、悶々、ヘロヘーロ

ムンムン、悶々、ヘロヘーロ
全場完

佐賀鳥栖 0
水戸青葵 0

立ち上がりからボールは支配するものの、ラストパスの精度を欠いて得点の臭いがしてこないサガン。しかも早い段階で尹晶煥が負傷して引っ込んでしまい、結局これが痛かったっすね。

後半、ボール支配率がさらに上がるのと比例するように、“攻撃がうまくいかない率”も上がる一方( ̄○ ̄;)

暑さで体力を消耗し、判断力や集中力も低下。思うようにプレーできないイライラと焦りも募り、どんどん難しくなってしまったゲームでした。こういうときに、一本のパスでゲームを動かしてしまう(もしくは決めてしまう)尹晶煥がいてくれればなあ…

パフォーマンスとしてはけっしてほめられたものではないけれど、死力を尽したことは見てとれたので、ブーイングを見舞うつもりはありません。

ま、こんな時もあるさ。でも次は九州ダービーだから、やってもらいましょう。言いわけは利かないよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

おお〜となりぃ〜!

おお〜となりぃ〜!
完成賽事

鷹隊4−1海濱幕張隊

鳴り物入りで入団しながら、キャンプから故障続きですっかり出遅れまくっていたルーキー大隣が、ようやく本領発揮してくれました。スイッチヒッターを含め全員右打者で揃えた海濱幕張隊打線に対し、6回3分の1を3安打無失点。内角を突くクロスファイアーがビシビシ決まってましたね。あとは完投するスタミナをつければなおよし。

鷹隊打線は結果的に11安打したものの、序盤からタイムリーが出ずつながりはイマイチ……いや、イマニ・イマサンぐらいかな(^_^;)(T_T)(-_-#)。1点差に迫られた8回に、ようやくムネリンがタイムリーを放ち、これを早川が後逸して3点差にまでなって、初めてスタンドに安堵感が広がりました。

2位浮上? それは明日も勝ってからする話でしょ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

看板が変わって……

看板が変わって……
金曜21時のスカパー!181chといえば「フラサカ」でしたが、今期は「ef zone」という名前に変わりました。

いったいどんな内容になるのか謎だったんスよね。番組のテイストは「フラサカ」とあまり変わらない感じだけど(「みなさーんBonasera!」のウィリー君も健在)、どうやらセリエAが中心になりそう。たしかに、イングランド・プレミアリーグはJ SPORTSに移ったからねえ。イタリアサッカーはあまり好きじゃないなあ。

「フラサカ」の松原渓ちゃんは、きちんと勉強していて手練のゲストコメンテーターたちともわたり合ってたし、選手の好みもシブくて、手放すには惜しい人材だと思うんですけど。

毎週録画はしなくてもいいかな。てか、来月から「ドリームサッカーセット」をやめて「JリーグライブDX」にしようか……あっ、待て待て、チャンピオンズリーグがあるじゃないか(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

おまけフラッグ

おまけフラッグ
いや〜、J2首位をひた走るコンサドーレ札幌の堅守の中心っすからねえ、もう充分見せつけられてますよ……って、それはブルーノ・クアドロス。

窮番もとい9番君のおかげですっかりブルーになっちまったので、バカを承知でこんなネタをカマしときました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10−デク

10−デク
全場完

日本奥運隊 1
越南奥運隊 0

ある程度予想はしてましたが、いやーここまで足を引っ張ってくれるとはねえ。誰のことって、そりゃ青い9番の選手ですよ。

何たって、フィールドプレーヤーのJリーガーで、今期最も活躍してない選手っすよ。そんな選手がエースっていう時点で、キビしいものがあるってもんでしょう。

高さのないベトナムに対して、長身FWを前に置くという狙いはわかりますが、ボールはおさまらないはシュートはショボいはで、さっぱり相手守備陣の脅威になってない。デカけりゃ誰でもいいってわけじゃないという典型ですな。

ソリさ〜ん、私の知ってるソリさんは「デクと心中」なんつう戦術以前の愚挙に及ぶ人ではないからね。そこんとこよろしく。

タイトルはadidasの「10+」にひっかけたものですが、そんなハンデキャップマッチで勝ち点3をゲットできたのは、ひとえにわれらがアオくんのゴールの賜物です。ようやったアオー!! 勝ち点2を失わずにすんだのは、われらが海人のセーブのおかげです。試合終了前のFKを、逆をとられながらも弾き出してくれました。グッジョブ海人!!(ただ、あそこはまずニアを直接狙ってくることをケアしておくべきだったね)

アオくんの写真がうまく撮れなかったので、試合後行った「東京麺通団」のひやたまを撮ってみました。ヤケ食いモードにならなくてよかった(笑)。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

わーい復活だー

わーい復活だー
今期から3シーズン、イングランド・プレミアリーグはJ SPORTSで放送するそうな。その間は、このハイライトショーも安泰……と思っていいんですよねJ SPORTSさん!?(笑)

ついでにこのナレーターさんの名前も教えてほしいんですけど(ここで言ってないでJ SPORTSに聞けよ>ぢぶん)。日本語のナレーション(それもイングランド流のアイロニーたっぷりな(^O^;)が増えて私は嬉しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

雨でも花火だー

雨でも花火だー
全場完

清水心跳 3
川崎前鋒 1

再開してからこっち、毎試合前半の入りがヘタレなのはどういうことなんだ(-_-#)。今日はジュニーニョが絶好の超決定機になぜか大きくクリアしてくれたりして、失点せずにすんたのは何よりだったけど。

低い位置でしかボールを取れないエスパですが、そこから矢島のスピードを生かしたカウンターを仕掛けると、フロンターレは予期せぬ攻撃パターンだったのか対応に苦慮。先制のPKも、矢島の回り込む動きが生んだものでした。「エスパルスは中盤でしっかりパスをつないで攻めるチーム」というイメージがあるから、前がかりでくるチームに対してはこういう戦い方も“あり”かもしれない。

後半2―1に迫られたところで、矢島がすぐに突き放す3点目を入れたのも大きかった。相手の反撃ムードを削いで、流れを渡しませんでしたからね。矢島、今日の働きはあっぱれであったぞよ。

折しも清水では全国少年少女草サッカー大会が開かれていて、スタジアムには雨にもかかわらずおおぜいの子どもたちがつめかけていましたが、プロってすごーい!と思わせるプレーは見せられたんじゃないかな。エスパルスとしては。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

にしても暑いわ。

にしても暑いわ。
もう1軒くらいいけそうな感じではありますが、熱中症になっちゃったらうどんどころじゃないので、天満屋のスタバに避難。今日はこれくらいにしといたろ(笑)。

タンブラーはメインの荷物とともに岡山駅のコインロッカーにぶち込んであるので、be juicy!のストロベリー&バナナをいってみました。

ほー、カゴメもやればできるじゃん(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

半熟ゆで卵天元祖「竹清」

半熟ゆで卵天元祖「竹清」
半熟ゆで卵天元祖「竹清」
坂出駅〜「彦江」の往復でさすがに汗をかいたので、高松駅から八本松まではバスを利用。

しかし12時前に着いたいうのに、2軒隣まで行列伸びとるが〜!? あっ、高松市のレンタサイクルがようけ駐まっとる! 店の前に路駐しとる車のナンバーを、取り締まりのおっちゃんがメモっとる!!(笑)

そんな混みっぷりのせいか、1時まで天ぷらはゆで卵とちくわのみに限定されてました。それも、行列してる客からおばちゃんが注文を取って揚げ場のおばちゃんに伝えるという、なんとオーダーメード方式(笑)

というわけで、写真上は“天ぷら待ち”の状態。半分ほど食べたところで天ぷらが揚がり、投入して割ったのが写真下。システムは変わっても、ガジガジで味のついた衣はやっぱり「竹清」だ〜(^O^)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

じつは今年初(^_^;)

じつは今年初(^_^;)
いや、予定は2度ほどあったんですよ。でも、2度とも諸事情により変更のやむなきに至って、本格的にさぬき詣でを始めてからは最も遅い“うどん初め”となった次第です。

で、「彦江」のおばちゃんに「いくつにしましょ?」と聞かれると、条件反射で「2つ」と答えてしまうまるっきりイヌ並な私(自爆)。しかもそれをあたかも1玉のようにずるりんと平らげてしまうし。

あ、今日はおあげさんをのっけてみました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

MOMはクロスバー(笑)

MOMはクロスバー(笑)
全場完

佐賀鳥栖 3
東京1969 1

2―1で迎えた後半、ヴェルディは立ち上がりから猛攻を仕掛け、サガンは決めごろのFKを2つ与えてしまいます。蹴るのはフッキ。最低1点は覚悟しなければならない状況です。

しかし、このFKを2本ともクロスバー君がナイスセーブ。助かったサガンは、尹晶煥の一本のパスがCBの間に走り込んだ金信泳にピタリと合って、サガンティーノみんなが待ってた移籍初ゴール! これで一気に主導権を引き寄せ、最後は余裕のボール回しも見せて堂々の勝利を収めました。

ゲームは開始1分からいきなり動きました。鐵戸のFKをGKが弾いたところにしっかり詰めていた藤田が押し込み、さらに9分には高地のパスを金信泳がスルー、左からフリーで入ってきた日高が決めてサガンはすっかりイケイケに。

しかしヴェルディも、鐵戸が上がった裏のスペースを突いて、服部のクロスにフッキが頭で合わせて1点返し、サガンの勢いを止めました。

そんな状況だったので、冒頭に書いたプレーはゲームの大きなポイントになったわけです。あそこで同点にされていたら、そのままヴェルディにドカンドカン集中砲火を食らってた可能性大でしたよ(>_<)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

何と評価したものか……

何と評価したものか……
全場完

大分三神 3
清水心跳 4

〈よかった点〉
〇今期初の逆転で、勝ち点3をゲット。
〇矢島に待望の今期初ゴール。

〈ダメだった点〉
〇2点取られるまで、半分寝ていたようなパフォーマンス。
〇4―2で終わらせるべきところを、終盤に失点する悪癖がまた出て、最後はアップアップに。

差し引きすると……やっぱり課題のほうが多いなあ。このパフォーマンスでは上位のチームには勝てんぞ。

トリニータは、2点目を取ったところまでは明らかにエスパを上回ってました。が、すぐに1点返されると、まだリードしているのに何をあわてたのか急にミスを多発して、ペースをやすやすとエスパに渡してしまった感じです。選手の顔ぶれを見ると、16位にいるようなチームじゃないと思うんですが……。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

とり天元祖「キッチン丸山」

とり天元祖「キッチン丸山」

大分に来たらこれ食べないと!

お盆なのに営業していてくれて嬉しいっす。

「ソニック」の車内販売に「とり天弁当」があって、思わず手を出しかけましたが、いや〜がまんしてよかったー(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「スミ1」かよ!

「スミ1」かよ!
完成賽事

鷹隊1―4火腿隊

難敵グリンからいきなりムネリンがホームランをお見舞いしたのはよかったけど、追加点が取れなかったねえ。チーム得点圏打率.000だもんねえ。ワッティはいい調子で投げてたんだけど、完封するっきゃないってのはツラかったよねえ。セギノールの一発は、あのコースをもってかれちゃしょうがなかったけど、8回先頭の田中賢介に真っ直ぐを3球続けて、ヒット打たれたのは疑問だねえ。前の打席でスライダー打たれてたかあ?

とまあ、「けど」「けど」「けど」ばっかりのゲームでした。

信彦〜、どっか悪いなら休め〜。
調子が悪い? だったらなおのこと、松田と代われ〜!

写真は日航海鷹酒店「シアラデリ」ナイター終了時限定メニューの博多ラーメン。ヤケ食いモードみたいですが、これ夜食じゃなくて夕食なんですわ。昼の寿司が利いて、観戦中はぜんぜん腹減らなかった(^_^;)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ホテルで寿司27貫!

ホテルで寿司27貫!
日航海鷹酒店三十五層「纜(ともづな)」。こんなところで寿司を27貫も食べたの? いったいいくら取られたんだあ?

ご心配なく。限定の食べ放題メニューを予約してあるざんす。

まず写真のおまかせ7貫が出てきて、あとは19種のネタから好みの5貫ずつを紙に書いてオーダーします。ひとネタ2貫までなので、食べ放題といっても最高45貫なんですが、私はギャル曽根ではないので(笑)27貫で打ち止め。

にしても、回ってない高級寿司をこれだけ食べられて、お吸い物・茶碗蒸しもついて3300円(税サ込)ですのよ奥様。もうおトクもおトク、大満足っすよ〜(^O^)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

消化試合ですが何か?

消化試合ですが何か?
すでに北京五輪出場を決めているサッカー女子日本代表“なでしこジャパン”の予選最終戦@国立を観てきました。

何しろ消化試合なので、2000〜2500人も集まればいいほうかなと思ってましたが、発表された入場者数は4119人。Jリーグとも男子の代表とも明らかに違うファンがけっこういましたね(一方、「いるんじゃないかなー」と思ってたサッカーフリークの知人は、やっぱりいました(^_^;)。

女子の代表戦を観たのは久々でしたが、なでしこの皆さん、ますます技術高なってはるわ〜。タイ女子代表はラインをめっちゃ上げて前からガンガンボールを取りにきましたが、なでしこの選手は誰ひとりパニクってなかったもんねえ。

前半は、その高いラインの裏を狙い続けながらもオフサイドの山を築き、後半は両サイドの飛び出しにパスがビタビタ通ってチャンスの山を築きました。でも得点は、前半4点に対し後半はCKからの1点だけ。決めるとこはしっかり決めようね>忍ちゃん・優季ちゃん・夢穂ちゃん。

タイ女子代表も、消化試合で大差をつけられてもキレることなく、最後までラインを上げ続けて果敢に戦いました。しかもお互いにきたないファウルも審判への文句もない、観ていて非常に気持ちのいいフェアなゲームでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

勝たないかんでしょう

勝たないかんでしょう
全場完

清水心跳 2
大宮松鼠 2

自ら勝ち点2を手放してしまいましたねえ。

前半のヘタレな2失点が痛かった。チャンスに決めきれない攻撃陣も相変わらずだし。

中断明けの初戦ということで期待もあっただけに、なんかあんまり変わっとらんなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

お笑いJリーグナイト

お笑いJリーグナイト
ののとエンマサの交換トレードでリニューアルした「Jリーグナイト07プレビュー」。

同じスカパー!のサッカー番組間でトレードなんて大騒ぎもないだろうと思ってましたが、MCが変わると、番組のテイストはこうも変わるもんなんすねえ。野々村芳和がいかに仕切り上手・フォロー上手・まとめ上手なのか、よくわかりました(笑)。

写真はオープニングで「控室の距離論争」を制してガッツポーズの大竹奈美。ま、大竹さんはこのくらい前に出てきたほうがおもしろいでしょ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ぬいぐるみ……じゃないけど

ぬいぐるみ……じゃないけど
こんなのもあります。PUFFY(by Rodney Alan Greenblat)のフィギュア。あのイラストがそのまま抜け出てきたような感じで、なかなか楽しいっしょ。

人形(に類するもの)はこれで全部です。もう逆さに振っても何も出ません(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ぬいぐるみ番外編

ぬいぐるみ番外編
エスパルスサポを標榜しながら、パルちゃんのぬいぐるみがないのはどうよ。巴塞熊やハリーホークはいるってのにねえ。

いや、その、何を血迷ったか、こんなん買ってしまったんですよ。
ハンドパペットパルちゃん。

パペットマペットの真似をするでもなし、真似しようにも相方がいないし。ある意味、フモフモさんよりも用途がないぞ(^_^;)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ぬいぐるみ10

ぬいぐるみ10
ぬいぐるみシリーズのトリを務めるのは、「フモフモさん」。いくつか種類があって、これは「すもも」というらしいが、いったい何者なのか。HPを見てもよーわからん。

背中に、ちょうど指3本揃えて突っ込めるくらいの袋があるけど、指を突っ込んでさてどうするのか、これもよーわからん。人形劇……はできないし、パソコンの画面を拭く……のも何だし。両手にマジックテープがついていてつなぐことができるが、それも「だから何なんだ」状態。素性も用途もわからんから、せっかくの癒し系なたたずまいもかえって不気味に見えてくるぞ。

うーむ、トリがこんなでいいのか?(自爆)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

あらまあ、中止だって。

あらまあ、中止だって。
帰宅してTVをつけたら、HDD録画中のサガン対ベルマーレはこんな状況。ほどなく、鳥栖地方に雷警報が出ているため試合は中止ということになりました。前半終了後に一時中断となり、結局後半を始めることなく中止になった模様。

雨だけなら、鳥栖スタジアムはおそろしく水はけがよいので何てことないのですが、雷はねえ。落っこちたら恐いもんねえ。如何ともしがたいですねえ。

過去の例からすると、今日は“なかったこと”になって、日を改めて前半から再試合というのが相場のようですが、正式にはJリーグ理事会にて協議・決定するとのこと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

やっと宮城で勝った。

やっと宮城で勝った。
今年ぜんぜん勝てなかったフルキャストスタジアム宮城で、カズミがやってくれました。

2点取ったあとの得点機を生かしてりゃ、もっと楽に勝てたんですがね。まずはとにかく連敗が止まったんで、よしとしますか。ヤレヤレ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ぬいぐるみ9

ぬいぐるみ9
今さらという感もある港麗“電気工事”熊。

これを皮切りに、いろんなホテルスタッフの格好をしたベアが登場するのかと思いきや、2〜3年ずっと変わらず、どうやらコンラッドベアにコスプレの趣味はないようであります(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大阪でバカ芝居

大阪でバカ芝居
大阪でバカ芝居
忙しい忙しいと言いながら、劇団☆新感線のバカ芝居を観るために大阪までやってきてる私も、筋金入りのバカです(笑)。

いやしかし、芝居はもちろん公演パンフに文庫本までつけて、どこまでも笑かすために徹底的に作り込んでますから、大阪まで観にきた甲斐があったってもんです(と、東京公演のチケットがとれなかったことをなんとか帳消しにしようとしてる奴)。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

小ネタもいいとこだね

小ネタもいいとこだね
「きたぐちビー」って何だ?
と思った私は疲れてるのか!?(爆)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« 七月 2007 | Main | 九月 2007 »