« 九月 2007 | Main | 十一月 2007 »

あれは夢か幻だったのか

あれは夢か幻だったのか
激忙モードは先週で一段落ついたと思ってたのに、週が明けたら何事もなかったかのように仕事をドカドカ持ってくる皆さん、本当にありがとう。どないせいっちゅうねん、そのうち暴れたるで。

こんなときはミンミンの餃子でパワー充填だ! 最近チャーハンを食べていないことに気づき、五目炒飯をいきました。これ、ふつうの炒飯にプラス80円でエビ・イカ・カニ・ホタテが揃い踏みっすよ。ぶりばりお得っすよ。

むははは、元気回復ー! でもこの時間になって回復っつうのも何だかなあ。あとは寝るだけだし。あ、「プレミアリーグハイライト」を視るんだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

くろがね的連続上位討ち

くろがね的連続上位討ち
全場完

佐賀鳥栖隊 3
京都不死鳥 0

昨日のエスパルスに続いて、今日はサガンが上位食い! 昇格争い真っただ中の京都サンガに黒星をつけました。

サンガの早いプレスに遭って押し込まれていた25分、左に開いてパスを受けた金信泳が1人かわしてクロス。これを2列目から飛び出してきたヨシキがヒールで中央へ流すと、うまくマーカーの前に出た藤田が得意の左足できれいに合わせました。

エースの先制ゴール! これでスタジアムのムードがガラッと変わりました。30分にFKのこぼれ球を金信泳が押し込み、33分にはCKを加藤がドンピシャのヘッド。わずか8分間で3得点ですぜ旦那!!(笑)

サンガは出場停止のアンドレのかわりに、田原でなく美尾を先発起用。過去何度も痛い目に遭っているサガンの天敵で、今日もマッチアップの日高は翻弄されまくってました。カトキュー監督のスカウティング恐るべし、と思ったのですが、3失点したところでなんと美尾を引っ込めて早々と田原を投入。しかも前半のうちに3人の交代枠をすべて使い切ってしまう“打ちてし止まん”采配に出ました。とにかく点を取りにいかなあかんということで、スカウティングもゲームプランも「そんなの関係ねぇ!!」状態っす。

こうなればサガンは「しっかり守ってカウンター」でいいわけですが、言うほど簡単ではないんだな、これが。美尾の脅威は去っても、田原という新たな脅威ができたし、何と言ってもパウリーニョっすからねえ。いったんノセてしまうとハットトリックも充分にあります。

サガンは、相手ボールになったら中盤が素早くリトリートして、FWに入ってくるボールをDFとサンドイッチするかたちで対応。加藤が、珍しくいらんファウルなしに田原に自由を与えなかったのは立派でした。

それにしても、飯尾がいると本当に守備が安定するなあ。負傷をおしての出場で、たいへんだとは思いますが、残りのゲームもなんとかよろしくお願いしますm(__)m。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ごめんなさい。

ごめんなさい。
台風が来てなければ行ったんですがねえ。行ったはいいけど帰れなくなったら……と思って、二の足を踏んでしまいました。

そんなときにこういう大勝利。はい、私がヘタレでした。エスパルスの皆さんごめんなさい。

J1の優勝争いでは、はからずも浦和紅鑽隊を援護するかっこうになってしまいました。興味を削いでしまったようならごめんなさい。

私としては、浦和紅鑽隊にはACLに集中していただきたいんですけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

次から次へと……

次から次へと……
よくまあこれだけ不正をやっていたもんですなあ。ウソついちゃバレ、ウソついちゃバレの繰り返しってのも、いかにもまずいよね。

来年は「赤福氷」が食べられないのだろうか。それが心配っす。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

それでもフットボールは続く……

それでもフットボールは続く……
土日に更新しないってのも珍しいとお思いでしょう。じつは両日とも働いておりましたですよ(ToT)。

なにしろ、休日でもないと自分の仕事が落ち着いてできない状況で、というか先週は自分の仕事に携われる時間が週のトータルで3時間、いや2時間あったかどうか。
この調子ではズルズル引きずる一方で永遠に追っつかなくなってしまうので、一気に挽回しようと頑張ってみた次第。

で、週末のJ1・J2を今日やっとHDD録画で観ました。

うへー、エスパルスもサガンも、しっかりアウェイの戦い方をして、まんまと勝ち点3お持ち帰りじゃありませんか。

とくにエスパの先制点は、早くて美しいカウンターが決まってびっくり仰天(笑)。いや、じつはエスパってカウンターが思いっ切りヘタなんスよ。それがあんな、Jリーグ全体でもそうそう見られないカウンターをやってのけるなんて、ねえ。

でも写真は岸野親分(笑)。ピッチサイドレポーターまで務めるようになった元サガンGK前田君のインタビューにつかまったので、選手たちに遅れてひとりゴール裏にあいさつに行くの図です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

勝ったら叩き、負けたらかばう

勝ったら叩き、負けたらかばう
最も結果が必要な一戦で最悪の結果が出てしまったので、ソリさんをクビにするなら今が絶好のタイミング……と思ったら、この発言。

なるほど、勝ったときにダメだダメだと言ってたのは、あくまで「これで満足するなよ」という叱咤だったんですね。で、いちばんヤバイときに、ボスが「おまえを信頼してるから、思い切ってやれ」と言ってくれれば、ソリさんにとっちゃ心強いってもんです。すばらしい人心掌握術。

なーんて、本気で褒めてるわけじゃないっすよ。なにしろ突然迷走するからね、JFAは(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

釈明コメント(笑)

10月に入ってブログの更新が滞りがちですが、ただいま公私とも激忙中でございまして、何卒ご容赦のほどをm(__)m。

このところネタがないのも事実でして、ナビスコカップもクライマックスシリーズももはや興味の埒外だし、ましてや亀田一家なんてまったくどーでもいいし(^O^)。

いちおう用意しているものもありますが、いましばらくお待ちくださいませ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

見るべきもののない敗戦

見るべきもののない敗戦
全場完

佐賀鳥栖隊 0
仙臺織女星 3

サガンは一時期のアグレッシブでスピーディなサッカーがすっかり影を潜めてしまいました。

マイボールになったときにつっ立ったまま動かない選手がかくも多いのはなぜなのだろう。連戦の疲れが出てるのかなあ。

守備に関しては、やはり飯尾の存在の大きさをあらためて感じます。身体能力はけっして高くはないけど、ラインを統率しつつ肝心な場面ではきちっとカバーに入るし体をしっかり張れる。彼がいると守備が目に見えて落ち着くんだよね。早くケガから復帰してくれ〜い。

写真は出口でもらった佐賀新聞。こんなゲームに号外!?と思ったら、カラープリンタで出力した“もどき”でした(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

終戦なり〜

終戦なり〜
シーズン終盤の戦いぶりを見ると、短期決戦とはいえとても期待を持てるような状態ではなかったからねえ。いまさらガッカリはしませんわ。逆に、もし勝ってしまったら、かえってうろたえてたかも(^_^;)

世間的には「故障者続出で評判倒れのシーズン」なのかもしれませんが、「そうはうまくいかないぞ」と思ってました。ま、総括はあらためてやるとしましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

これもやっと来た

これもやっと来た
「Jリーグナイト」の脱力コーナー「今日のブログ」に、とうとうOcafe(おかふぇ)が登場。エスパの選手ブログならまずこれが選ばれるだろうなと思ってました。

基本的に“イジられてナンボ”のキャラっすからねえ。「Jリーグアフターゲームショー」の生インタビューでは、一緒にいた山本海人はもとよりインタビュアーのおねいさんにまでクリクリ一休さん頭をナデナデされてました。

そういうヤツです(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

やめる理由ないもんねえ。

やめる理由ないもんねえ。
監督にとっても、フロントにとっても、まあ当然の選択でしょうな。

監督としては、3年間でチームづくりは着々と進む一方、まだ完成には至っていないという状況ですから、自ら辞めるって選択肢はない。フロントとしても、監督がチームを正しい方向に導いていると評価しているし、モウリーニョを引っ張ってこられるわけでもないし(笑)。監督はクラブの懐具合がわかってるから、お金でもめることもないし。

早めの契約延長発表で、選手もサポーターも落ち着いてできるってもんです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

首位攻防・天王山@富山

首位攻防・天王山@富山
プロ野球はクライマックスシリーズが目前ですが、北信越BCリーグも佳境を迎えています。

現在首位の富山サンダーバーズと、1ゲーム差の2位につける石川ミリオンスターズが直接対決。富山アルペンスタジアムには、先月観にきたときの3倍にもなる8,500人超がつめかけ、ごらんのような状況に。お客さんが入ると、スタジアムの雰囲気が違いますね。

ゲームは、5回にサンダーバーズが1点先制したものの、その後のチャンスを逃し続け、9回にエラーも絡んで追いつかれてしまいました。

追加点が取れていれば楽に勝てたものを、最後なんとか逆転されずに引き分けられてよかったねという終わり方になったのは、チームとしては不本意だったでしょう。断トツの打撃成績を誇る4番・野原が、チャンスにことごとく凡退したのが痛かったっすね。今日は彼の日ではなかったようです。しかし、痛いといえば引き分けという結果はミリオンスターズにとってより痛いものです。

残りあと7試合、優勝争いは最後までもつれそうですな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

っったく……(怒)

っったく……(怒)
中島さんのニューアルバム「I Love You, 答えてくれ」(それにしてもすごいタイトルだ(^_^;)をiPodに入れるために、まずはiTunesに読み込みました。

で、ふつうならiPodをつないで同期をとればいいんですが、今のiTunesには、iBookから移行した曲しか入ってない。この状態で同期をとったら、iPodにあってiTunesにない曲は、iPodから消えてしまう! そこで、iPodに手動で読み込む設定に変えようとしたら、間髪を入れずにデフォルトの自動読み込みが働いて、勝手に同期をとってしまいました。ば、ばあかやろ〜!! これじゃ設定変更したって意味ないじゃん!!!

あああ、佐渡ちゃんが、英珠が、その他MacBookで読み込んだ曲すべてが消えている……(ToT)。

結局、また1枚1枚iTunesに読み込まなあかんのかいな。難儀やなあ〜。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

衣替え

10月になったし、伯父を送ったし、新HDも普段使いの部分の設定は終わったし(手当てが必要な箇所はまだまだありますが)、というわけで(どういうわけだ)弊ブログのデザインを変えましたの。

“一見サッカー系のようでじつはバカブログ”の、“一見サッカー系”のところを強化してみました。これに騙されて訪問するかわいそうな人が増えるとおもしろいなあ(こらこら)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« 九月 2007 | Main | 十一月 2007 »