« 大場翔太(完封)金鷲隊 | Main | 混乱の極み »

収穫はありやなしや

収穫はありやなしや
久々に仕事がサクッと終わり、これはどうやら「ガラガラだから観にいけ」と言われてるなと思い、国立競技場に行ってきました。

案の定、豪快なまでのガラガラっぷりで、カテゴリー2なんざ数えるほどしか観客がいません。あたりまえだよ、メインスタンドの端っこなのにバックスタンドの真ん中(カテゴリー3・3000円)より高い4000円取るんだから(-o-;)。

最終予選のときのメンバーとはかなり変わっていて、新戦力の発掘・見極めを目的のひとつにしていたようですが、強烈なインパクトを残した選手はいませんでしたねえ。ゴールを決めた豊田も、ほかの場面では機能していたとはいえず、梅崎や上田も彼らの能力からすると物足りない出来でした。

唯一、右WBで起用された長友が、1アシストをはじめ攻守にわたって気の利いたプレーをみせてました。MOMは彼でしょう。

アンゴラ代表はいかなるモチベーションをもってこのゲームに臨むのか謎でしたが、意外に組織立った守備をしてボールへの寄せも早く、しっかり戦うチームでした。一方、アフリカの枕詞である「身体能力の高さ」は、正直言って驚くほどのものはなし。その部分では、本番に向けての予行演習にはならなかったね。

|

« 大場翔太(完封)金鷲隊 | Main | 混乱の極み »

足球」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67684/40660415

Listed below are links to weblogs that reference 収穫はありやなしや:

« 大場翔太(完封)金鷲隊 | Main | 混乱の極み »