« 六月 2008 | Main | 八月 2008 »

危うく行くところだった(冷汗)

危うく行くところだった(冷汗)
今日はなぜか「行くな」という声がどこからか聞こえてきて、「今まではガラガラだったけど今日はチケットがやたら売れてるからかな」と思ってたら……


これか( ̄○ ̄;)。


日曜日にあの雷雨に遭ったばっかりだもんねえ。行ってたらシャレにならんところだったよ。ポンチョも持ってないし。

どこのどなたかは存じませんが、声の主さん、ありがとう。おかげで助かりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

こりゃイケる!

こりゃイケる!
予想を下回りもしなければ超えもしないことで定評のある(と私が言ってるだけですが(^_^;)スタバの新製品に、珍しく予想をいい意味で裏切ったものが登場しました。写真のザクロピーチフラペチーノです。

甘すぎず酸っぱすぎず、でもザクロとピーチの風味はしっかりあって、さわやかな飲み口。後味もすっきりしてます。こういうライトな感じのものって、スタバでは意外に少ないんだよね。その意味でも貴重だし、尋常でない暑さの今日この頃にはピッタリっすよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

天気は大荒れ、ゲームはスコアレス

天気は大荒れ、ゲームはスコアレス
全場完

大宮松鼠 0
清水心跳 0


キックオフ直前に、突然大雨と雷がセットでやってきて、観客はスタンド下に避難。雨はともかく、雷の危険が去らないことにはゲームはできないから、そこの見極めがポイントだったと思いますが、結局1時間半遅れの19:30にキックオフ。しばらくは東の空に稲妻が光ってましたが、雷雲はスタジアム上空からは去ったようで、雨も上がりました。

観客も待たされたけど、選手たちはもっとたいへんだったでしょうな。いったん切れた気持ちを短時間のうちに上げ直さなきゃならないんだから。

そのせいかどうか、前節にくらべるとちょっとちぐはぐな感じがありました。ただ、とくに後半は決定機も何度となくあっただけに、1点取れば勝ったよなあ、もったいないなあとも思います。


さて、昨年新装成ったNACK 5スタジアムですが、

○ゴール裏に2階席ができた
○大型ビジョンができた
○メインスタンドの中央部に屋根ができた

以外は、“小ぎれいになった大宮公園サッカー場”の域を出てません。この程度の変わりっぷりにしては、ずいぶん長いこと工事してたんでない? 正直ちょっと期待外れっす。

でもピッチは、あれだけの大雨に遭っても、キックオフ時には水たまりひとつないコンディションになってました。これは改装効果大ありだね(^o^)b。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

タフな、あまりにタフな

タフな、あまりにタフな
全場完

佐賀鳥栖 2
甲府風林 1


7時を過ぎても一向に暑さが和らがない中、まあ両チームとも走る走る。「ペース配分」という言葉など知らないかのように走る走る(笑)。最終ラインにもプレッシャーをガンガンかけにいって、相手のミスはすかさず攻撃につなげる。体力的にも精神的にもキツいゲームになりました。

2得点の藤田とPKストップの室はまぎれもなくヒーローですが、この勝利は選手全員が最後まで頑張ったから掴めたものです。

本当にお疲れさん。みんなよくやったよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

おかえりマー君!!

おかえりマー君!!
おかえりマー君!!
完成賽事

鷹隊2―1海濱幕張隊


ホールトン、よう投げた!
辻、ナイスバッティング!

でもやっぱりこの人でしょう。元祖マー君、馬原ー!! よう帰ってきんしゃったー!!!

慣らし運転なしで、いきなり1点差の9回というシビアな場面で今季初登板を迎えましたが、「1点差・2点差くらいのほうが気持ちが入る」なんて頼もしいことを言ってくれるでないの。

多村の代わりは、その時調子のいい選手を取っ替え引っ替えしながらなんとかごまかしてきたけれど、クローザーは、満足に務められる投手が現れず、こちらの悩みのほうがより深かったっす。それだけに、元祖マー君の復活は大きい。本当に大きい。


さて、「ホークス70周年・九州20周年」を記念して発売されたFDHレプユニの背番号・ネーム加工ができあがったので、さっそく着用。

九州20年の歴史で最高の助っ人は、投手ではペドラザ、打者ではこのアザラシ顔のペドロ・バルデスだと思ってます。

彼のバッティングフォームも独特だったよなあ。やたら振り回しているように見えて、じつは広角に打ち分ける器用さがあったよねえ。じつは「100打点カルテット」の一人でもあるし。

でも、いちばん印象に残っているのは、レフトの守備位置から一塁側ベンチに戻るときに、必ず二塁ベースと一塁ベースを踏んでいく姿だったりする(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

どーにか逃げきり

どーにか逃げきり
完成賽事

鷹隊8―6歐力士


先発スギーは、正直言って調子悪いほうだったと思いますが、それでも要所を締めて8回1失点。打線は一発攻勢&相手のミスに乗じて着実に8点を挙げ、誰が見ても楽勝ペースでした。

しかし9回、ニコちゃん大王が大炎上。久米でも消し止められず、一発出れば同点という局面でカブレラ・ローズ・北川を迎えるはめに。結局、秀聡が北川を打ち取ってようやくゲームセットとなりましたが、まーヒヤヒヤもんでしたわ。

これはベンチが悪い。スギーのお役御免はいいんですが、リリーフがさんざん登板してるニコちゃんや久米ってのは違うでしょう。久々に一軍に上がった秀聡や山田や耀勲使おうよ。7点差あっても、ヘタなピッチングしたらまた下へ落とされるってんで気合い入れて投げるでしょ。そしたらこうはならなかったし、久米たちを休ませることもできたのにねえ。

王監督は昔から同じリリーフ投手を使いたがるんだから、ここは投手コーチやブルペン担当が進言せにゃあいかんですよ(なぜか最後は元選手の評論家風)。


あ、写真の説明もせにゃいかんですよ(笑)。7回でなく5回なのに、スタンドがみょーに黄色いっすね。「野球場へ行こう」を踊ってるハニーズも、ちょっと写ってる選手たちも黄色いっす。

これは恒例「鷹の祭典」限定ユニで、今年はホームユニの白と黄色が反転した「ありそうでなかったバージョン」。しかも、3連戦の入場者全員にレプユニをプレゼント!するという大盤振る舞いで、だからスタンドがきれいに黄色くなってるんですね。ここまで徹底してやれば、効果は抜群。いやー壮観だねえ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

大勝利〜!

大勝利〜!
全場完

清水心跳 3
新潟天鵝 0


リーグ戦では今季初めてじゃないっすかねえ、こんな快勝劇は。

前半、イチが右サイドを上がり放題のクロス入れ放題で、先制点もイチのワンタッチクロスがファーの西澤にビッタリ。

さらに、課題の2点目が前半のうちに入り、後半も早い時間帯に3点目を挙げて、すっかりペースを握りました。

守備陣も、矢野・アレッサンドロの強力2トップにほとんど仕事をさせず、文字どおりシャットアウト。イチを押し込むべく後半から投入された田中亜土夢もまったく機能せず、アルビレックスは何もできませんでしたね。

ここ数試合勝ち点が伸ばせず、順位も厳しいところに沈んでましたが、内容はけっして悪くなかった。簡単に言えば2つのこと――

○押している時間帯に着実に点を取る!
○セットプレーの守備で集中を切らさない!

を実行できていればよかったんです。

今日の勝利で、浮上のきっかけを掴めた……かな?

ここからよ、ここから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

強力救援陣+豪華代打陣

強力救援陣+豪華代打陣
完成賽事

猛虎隊5―2紅鯉隊


JFKはもはやおなじみやねんけど、今年のタイガースは代打にもMHKいうのがおますなあ。はい、高橋光信、桧山、葛城ですわ。これだけ切札おったら、いくらでも勝負できますな。

今日も葛城が打って、お立ち台で雄叫び。こら強いわ(^_^;)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

け、血糖値が……

け、血糖値が……
「このところ平日の更新をサボってやがるな」とお思いのことでしょう。メールにもロクにお返事できず失礼してしまっております。

きわめて有能なバイトさんが1人抜けることになり、仕事の引き継ぎを始めたら、あまりに有能なためいつの間にかおそろしく複雑多岐な仕事をこなしていて、経験のない新戦力にすべてを担わせるのはとうてい不可能であることが判明。仕事の配分を考え直し、その結果新たな引き継ぎが発生し、マニュアルも見直し・作り直しの必要が生じ、もちろん日常の仕事も待ってはくれず、まさに獅子てんや瀬戸わんやの毎日なんですよ。

先日、いよいよバイトさんが退職し(すがりついて「行かないで〜、辞めないで〜」と言いたい心境でしたが、こう見えて私も分別のあるおとなです。って自分で言うな)、新戦力のフォローは私が一手に引き受けることになりました。

上のような経緯から、すぐにはスムースにいかないだろうことは予測してましたが、さすがに2日続けて昼メシ食う間もないってのはこたえます。

なんか血糖値が下がったような気がして(“気がした”だけっすよー。本当に血糖値が下がってたら立ってられないっすよー)、もう晩メシもいいとこの時間だってのにスタバでケーキなぞ食っておりやす(笑)。

城島の抜けた鷹隊がキャッチャーで苦労し、チョジェジンの抜けたエスパルスがFWで苦労してるのが、身にしみてよーくわかる今日この頃なのでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ガッカリだよ! いろんな意味で

ガッカリだよ! いろんな意味で
全場完

札幌岡薩多 2
清水心跳隊 2


Jリーグの日程が出たとき、今日の会場を見て「グッジョブ!!>『日程くん』」と思わずガッツポーズしたもんです。よくぞエスパルスの札幌アウェイをドームでなく厚別にしてくれました!
(※「日程くん」……Jリーグのスケジュール作成に威力を発揮しているコンピュータソフトの通称)

ということで、コンサにとっても今季初の厚別に勇躍乗り込んできましたが、お目当てのミルキーロッキー&白い恋人チョコレートドリンクがない!! 厚別のマストアイテムだっつーのに!! 石屋製菓、自粛か!? いいから売れ!! 私が許す!!!(こらこら)

試合前からいきなり落ち込んでしまった私。これでゲームがおもしろければ救われたんでしょうけど、はっきり言って両チームとも満足のいくパフォーマンスは見せてくれませんでしたわ。

早い時間帯に先制したエスパですが、意図のわからないパスミスを繰り返して、ボールを簡単に失ってちゃ、そりゃペースは掴めませんわねえ。しまいにゃ暑さのせいか運動量も落ちてダルダルに。ガス欠? その前に、いつエンジンがかかってたんですか?(^_^;;;

昨年・一昨年は、夏場に快進撃をみせたけど、今年は不安だのう〜(-.-;)。

写真は、そんな空虚な胸の内を表現すべく、試合後ゴール裏へあいさつに行った選手たちには目もくれず、誰もいなくなったピッチを撮ってみました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« 六月 2008 | Main | 八月 2008 »