« 十月 2008 | Main | 十二月 2008 »

順当? いやいやどうして

順当? いやいやどうして
地域リーグ決勝大会
決勝ラウンド
(石垣市/サッカーパークあかんま)

〈第1日〉
ホンダロック0−5V・ファーレン長崎
レノファ山口0−2FC町田ゼルビア

〈第2日〉
ホンダロック2−0レノファ山口
V・ファーレン長崎0−0FC町田ゼルビア
      (PK3−5)

〈第3日〉
ホンダロック1−2FC町田ゼルビア
V・ファーレン長崎1−0レノファ山口


今日の第1試合が終わった時点で、ゼルビアの優勝とV・ファーレンの2位が確定し、両チームともJFLへの切符を手にしました。そして、第2試合でレノファが90分勝ちすれば得失点差でホンダロックを逆転して3位になります。JFLからJ2に3チーム上がる見込みがあり、その場合3位のチームもJFLに自動昇格できると考えられます。

この大会、守って守って機をみて攻めてというサッカーでここまでやってきたレノファですが、今日は序盤から積極的に前に出て点を取りにきました。しかし、何度もゴール前に迫るもののなかなか得点できず、逆にカウンターからこぼれ球を鮮やかなミドルで叩き込まれ、万事休す。

終わってみれば、実力どおりにみえる順位となりましたが、ゼルビアも6戦全勝を標榜しながら2度PK戦にもつれ込み、あわや1次ラウンド敗退か!?なんて際どいことになりましたし、レノファも点さえ取れていればJFL昇格のチャンスはありました。今年もまた、短期決戦の怖さとおもしろさを感じた大会でしたねえ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

激戦のゆくえ

激戦のゆくえ
地域リーグ決勝大会
1次ラウンドDグループ第3日
(鳥取市/コカコーラウエスト・スポーツパーク陸上競技場)

佐川急便中国1−2ノルブリッツ北海道

FC町田ゼルビア1−1矢崎バレンテ
     (PK6−5)


第1試合は勝ち点0同士で、決勝ラウンド進出の目はありませんが、消化試合を消化試合に終わらせないという意識が両チームにあり、最後まで手に汗握る(というかノルブリッツにとっては冷や汗タラタラものの)展開となりました。

勝ったほうが決勝ラウンド進出となる第2試合、あわてず騒がず崩しにかかるゼルビアに対し、バレンテはGKはじめ守備陣が文字どおりゴールを死守。スコアレスで前半を終えましたが、どちらも「よしよし」と思ったことでしょう。

しかし後半、先制したのはバレンテでした。さらに2トップを高速タイプに替えて鋭利なカウンターを繰り出すバレンテに手を焼くゼルビア。CBが本職の選手を前線に投入するという戸塚監督らしからぬ策まで用いて、なんとか88分に元サガンの蒲原が同点ゴールをねじ込みました。

PK戦でも互いに譲らず、7人目でようやく決着がつきましたが、両チームと会場の都合さえよければ、延長戦をやるってのはどうよと思ったくらい、ええもん見せてもらいました。


さて、大混戦となっていたAグループですが、第1試合でパルセイロが前半リードしながら退場者を出し、バンディオンセに2−3と逆転負け。第2試合、ホンダロックがいちどは追いつかれながらも2−1でかりゆしを下し、結局ホンダロックが勝ち抜けとなりました。これまたハラハラドキドキの展開でしたねえ。

でも、鳥取に移動してきてよかったっす。その心は……ここのメインスタンドには屋根がある(笑)。寒かったけど、雨に濡れずにすんだのはホントありがたいっす。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

まったくわかりません

まったくわかりません
まったくわかりません
地域リーグ決勝大会
1次ラウンドAグループ第2日

AC長野パルセイロ2−1沖縄かりゆしFC

ホンダロック0−0バンディオンセ加古川
   (PK5−4)


この結果、まだ全チームに決勝ラウンド進出の可能性があります。

〈現在の勝ち点〉
AC長野パルセイロ  5
ホンダロック     3
バンディオンセ加古川 2
沖縄かりゆしFC   2

〈明日の対戦〉
パルセイロ−バンディオンセ
ホンダロック−かりゆし

パルセイロは唯一自力での進出が可能で、明日90分勝ちかPK戦勝ちした時点で決まります。PK戦負けだと第2試合の結果次第、90分負けだとその時点で1次ラウンド敗退となってしまいます。

バンディオンセはまず90分勝ちがマスト。そのうえで、第2試合がPK戦になるか、かりゆしが90分勝ちして得失点差・総得点でバンディオンセを下回ればOKです

ホンダロックは、第1試合パルセイロが90分負けの場合は90分勝ちで決勝ラウンド進出。パルセイロがPK戦負けの場合は、2点差以上つけて勝つか、1点差勝ちで第1試合のパルセイロの得点+3点取る必要があります。

かりゆしは、今日の第2試合でホンダロックが勝つことを切望していたでしょう。PK勝ちでもなんとか望みがつながりました。明日の第1試合は、バンディオンセが90分勝ちするよう全面的に応援しなければなりません。これぞ地域決勝名物ダサンダー(笑)。で、めでたくバンディオンセが90勝ちを収めたあとは、その試合の点差より多い点差で勝てば、地理的には出場全16チームで最も近い石垣島(今年の決勝ラウンド会場)行きとなります。
というわけで、泣いても笑ってもすべては明日!なんですが、私は今日で九州を離れます(笑)。明日は別のグループを観るですよ。

え? 親不知はどうした? ゲームに集中してると痛みって以下略(笑)。いやいや、歯肉炎用の薬を買って飲んでるし、腫れはほぼ引いたので、おかげさまでこのまま経過していくでしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

地域決勝はやめられまへんなあ〜

地域決勝はやめられまへんなあ〜
地域リーグ決勝大会
1次ラウンドAグループ第1日
(北九州市・本城陸上競技場)

AC長野パルセイロ2−2ホンダロック
      (PK4−2)

沖縄かりゆしFC1−1バンディオンセ加古川
     (PK4−3)

どちらのゲームも、Kyuリーグのチームが試合終了直前に追いつき、PK戦にもつれ込みました。これだから地域決勝はやめられまへん(笑)。

1次ラウンド4グループの中で、ここがいちばん厳しいというもっぱらの評判でしたが、いやいや本当に拮抗してますなあ。

本城陸上競技場では初観戦。メインスタンドは高さも傾斜もあってなかなか観やすいっす。バックスタンドは芝生席なので、メインスタンド限定ですが(笑)。

明日もここで観る予定です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

親不知→夜会→親不知

親不知→夜会→親不知
昨日から左下の親不知が痛みだして、今日は腫れが出てます。しかし今日は「中島みゆき 夜会」を観にいく日。歯痛ごときでへこたれてはいられません。

いや〜、舞台に集中してると、痛みって本当に和らぐもんですなあ。休憩時間になったとたんにシクシク痛み、終演後の今は開演前より明らかに腫れがひどくなってます(^o^;(T_T)。

まあ今日がピークだと思うんで、帰ってとっとと寝よっと。明日は朝が早いし。

え? 「夜会」はどうだったのかって? ネタバレの危険があるので、あえていっさい申しません。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

取りも取ったり!?

取りも取ったり!?
天皇盃足球十六分之一決賽

全場完

鳥棲砂岩隊 5
神戸勝利船 2


入場者数3千人足らずのホームズスタジアム神戸は、全体をゆる〜い空気が支配していました。ヴィッセルは明らかにその空気に乗ってゲームに入ってしまい、サガンも立ち上がりから全開というわけではなかったのに、1分と9分にやすやすとゴールを陥れました。

20分を過ぎて、ヴィッセルがようやくパスをつないで攻め始め、サガンはビルドアップの拙さもあってやや押し込まれます。が、ヒヤッとしたのはCKからの河本のヘディングとノリカルのFKぐらい。逆にカウンターから今日もキレキレだった廣瀬が3点目を挙げ、誰も予想しなかったスコアで前半を終えました。

「こうなったらヴィッセルは後半の立ち上がりに猛攻を仕掛けてくるだろうから、そこをしっかり押さえとかないとヤラレるぞ」と思っていたところ、案の定いきなり浅井のキャッチミスを突かれて失点。イヤ〜な感じになりましたが、ヴィッセルは攻勢を強めるでもなく、サガンはその後10分ほどの間にサクサクと2点追加し、ゲームを決めてしまいました。

正直言って、サガンの守備はけっしていいときのものではなく、浅井も相変わらず怪しいパフォーマンスでした。大久保がいたら、ひとりでギタギタに切り裂いてたかもしれません(^_^;)。5点取った攻撃陣はともかく、全体としてはサガンがすばらしかったというよりヴィッセルがダメダメだったっつうゲームでしたね。

ま、サガンが相手じゃ不足ありあり、モチベーションも上がらないってのはわかりますが(^_^;)、そんな相手に負けてちゃ世話ないやね(^o^;;。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ドタバタサッカーの巻(^_^;)

ドタバタサッカーの巻(^_^;)
全場完

鳥棲砂岩 3
草津温泉 2


取って取られて取って取られてまた取ってという撃ち合いで、しかも両方のゴール前をひっきりなしに行き来するせわしない展開。泥臭い奪い合いや潰し合いもピッチの各所で勃発し、選手たちも疲れたろうけど、観てるこっちもまあ疲れた疲れた(笑)

前半は、シーズンも佳境のこの時期に至ってなぜそんなに呼吸が合わないの?ってくらい、ミスコミュニケーションに次ぐミスコミュニケーションの嵐で、正直言って暗膽たる気持ちになったもんです。

そのミスコミュニケーションの象徴のような出来だった野崎を、後半の早い段階で引っ込めたのは当然の策でした。代わって入った康也が、いきなり点を取るはキレのある動きで攻守に効いてるはで、みごと期待に応えてくれましたね。

決勝点は、今サガンで最もトンコづいてる男・廣瀬のミドルが相手2人に当たって入るという、ラッキーっちゃあラッキーですが今の廣瀬だから決まるようなゴールでした。こういう“ゲームを決める存在”がいるってのが大きかったねえ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

清水の仇を鳥栖で討つ(笑)

清水の仇を鳥栖で討つ(笑)
くろがね的リベンジ達成!ですな。よくやったサガン。15日はホムスタ行くぞ!

いや、べつにトリニータに恨みつらみはありませんから、誤解なきよう。決勝の相手がエスパルスでなければ、たぶんふつうに「おめでとう、よかったね」と言ってたし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

5000万円もらったってちーとも嬉しかねーや

5000万もらったってちーとも嬉しかねーや
日職足球聯賽盃決賽

全場完

大分三神 2
清水心跳 0


敗因を述べたいところですが、今朝は久々の列並びで張り切って早起きしたもんで、いいかげん眠いっす。

フテ寝だろうって? 何とでも言ってください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« 十月 2008 | Main | 十二月 2008 »