« 「勝てた」とも「負けなくてよかった」とも | Main | こちらは20ン年ぶり »

やっとかめの名古屋

やっとかめの名古屋
やっとかめの名古屋
「やっとかめ」とは、名古屋弁で「久しぶり」のことだがね。漢字にすると「八十日目」。今日は土用丑の日ってことで、ひつまぶしを。

写真では、続いて赤福氷を食べたようにみえますが、この間に、20ン年前に住んでいたアパートを見にいったんですよ。

最寄りの地下鉄駅から地上に出たら、いきなりここは誰わたしはどこ状態(笑)。10ン年前にいちど来たことがあるんですが、その時と比べても「激変」という言葉がピッタリで、軽くめまいが(^_^;)。

住んでた当時でも、お世辞にも新しいとはいえなかったので(大家さんごめんなさい)、こりゃあ跡形もなくなってるかも、となかばあきらめながら歩いていくと、忽然と現れたそのアパートは、驚くほどまったく変わらない姿でした。

見れば、その一帯だけは、まるで時が止まったかのように20ン年前と同じ風景だったのでした。それはもう奇跡と言っていいくらいの変わらなさで、またも軽くめまいが(しかし駅を出たときとは正反対の意味で)。

変わらないままだと、かえって写真は撮れないもんです。ましてや静かな住宅街で携帯カメラをカシャカシャやってたら、怪しいことこの上ない(笑)。

|

« 「勝てた」とも「負けなくてよかった」とも | Main | こちらは20ン年ぶり »

美味」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67684/45675676

Listed below are links to weblogs that reference やっとかめの名古屋:

« 「勝てた」とも「負けなくてよかった」とも | Main | こちらは20ン年ぶり »