« 八月 2009 | Main | 十月 2009 »

どうにか勝ちロコ

どうにか勝ちロコ
全場完

清水心跳隊 1
神戸勝利船 0


CBとボランチ2枚の連携でエスパルスの2トップを抑えにきたヴィッセルに対し、エスパルスはフローデに当ててばかりの単調な攻めが目立ち、前半は三浦監督の思うツボだったであろう膠着状態で終了。

後半、金南一が警告2回で退場になってからは、エスパルスが圧倒的にボールを支配するものの、1トップの大久保を残して守備に専念するヴィッセルを崩すのはかえって難しくなってしまいました。

そんなジリジリするゲームだっただけに、82分にCKのこぼれ球をイチが押し込んで、勝ち点3をゲットできたのは大きいっす。

気がつけば首位とは勝ち点1差ですと。想定外の展開だ(笑)。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

これはこたえる。

完成賽事

鷹隊4−5火腿隊


9回2死無走者から2点差を追いつかれたうえに、延長12回までやって負けるって、なかなか手の込んだヘコませ方をするもんですなあ鷹隊のみなさん(^_^;)(T_T)(-_-#)。こっちは明日の朝早いんだよ、ひとの身にもなってくれよ。

ま、要するに、チャンスにたたみかけられない迫力不足の打線と、交代の順番もタイミングも疑問が残る投手起用が相まって、勝ちゲームをみすみす落としちまったってことっすね。突如炎上した攝津君だけを責めるべきではないでしょう。

今季最後の鷹隊生観戦がこれってのも、個人的にこたえてます。え? クライマックスシリーズ? 金鷲隊なら岩隈と本家マー君に、雄獅隊なら涌井と岸君にヤラレておしまいっていうイメージしか浮かばない(^_^;)……てか、その前にこの2チームにまとめてぬかれちまうんじゃないか?(自爆)

いやいや、今日の負けはホントそのきっかけになりかねないよ。踏ん張りどころだぞ!! 正念場だぞ!!! で、明日の先発は……大隣ぃ!? いいのか?

| | Comments (3) | TrackBack (0)

協会期待の力士(笑)

協会期待の力士(笑)
昼前にのそのそ起きだして、床屋でさっぱりしたのち国技館へ。

メインエントランスで迎えてくれたのは、ひよの山の等身大(?)パネルでした。白鵬でも朝青龍でも高見盛でもなく、ひよの山。そしてそれを撮ってる私っていったい(自爆)。

ひよの山とは、日本相撲協会が、子ども向けに大相撲の仕組みやしきたりをわかりやすく解説するためにつくったオリジナルキャラクターです。まだ入門したての新弟子で、どれだけ活躍するのか未知数ですが、ま、あたたかく見守っていこうじゃありませんか。

土俵のほうは、明日白鵬が日馬富士に勝てば、両横綱がこのまま千秋楽までいきそうだねえ。不戦勝のミッキーは、もう1つ何かが降りてこないと、2人に割って入るのはキビシイとみた。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

JLよ、AAと提携すべし!

JLよ、AAと提携すべし!
帰ってまいりました。

訪港の際は、JLのマイルでCXのCクラスに乗るのを基本としており、今回もそうだったのですが、魅惑の機内食と魅惑の空港ラウンジをあらためて堪能し、JLにはスカイチームに移るなどという愚挙にはくれぐれも及ばぬよう強く求めたいと思う次第であります。もし移るならCXも連れていくこと(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

こんどは香港っす

こんどは香港っす
KIXで前泊して、香港にやって来ました。

はい、外遊しまくりです(^o^;。なぜそんなに? 簡単に言えば「行けるときに(あるいは行けるうちに)行っとこう」ってことです。

今回はあまり歩き回るつもりはなく、港鐵の延伸路線2つに乗るほかはバカンスモードです。読んでない本を数冊持ってきただ。

……で、港麗酒店にチェックインしたら、なんとスイートルームにアップグレードされちまいましたですわよ奥様!(@_@;)
角部屋ですわよシティビューですわよこんなの初めてですわよ!!

こりゃあ本格的にまったりするしかないざましょ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

天皇杯1回戦@高松

天皇杯1回戦@高松
全場完

讃岐釜玉 1
鳥取夢隊 0


せっかく天皇杯が始まったので、んだスタでも楚輪さんダービーでもなく、香川県サッカー・ラグビー場にやってきました。

キャパシティ1万人なんて表示があったけど、座席があるのはメインスタンドの中央だけ。芝生席に立ち見で詰め込みゃ1万は入れられるだろうってか? んなご無体な(^_^;)。

ただこのメインスタンド、ちょっと変わった二層構造になっていて、屋根もかかってるので、上層で観るぶんには観戦環境は悪くないっす。


Jを目指しているカマタマーレ、じつは初見なんですが、率直に言ってもう2、3人は気の利いた選手がいないとJFLも厳しいんじゃないかと。

たまたまいいところへパスが通ればチャンスになるけど、チームとして意図のある攻撃を仕掛けていたように見えませんでした。選手間の距離が妙に遠かったり思いきり重なったりで、周りが見えてない選手が多いのかな。守備も、クロス対応をはじめGKとDFの連携が怪しい怪しい( ̄○ ̄;)。

10番の吉澤君がグァルディオラのようなポジション&働きぶりでしたが、彼のパスに反応できるアタッカーと、彼が安心して背後を任せられるCBが必要でしょう。そう簡単には連れてこられない? じゃあ羽中田さんが育てるまで待つっきゃないよぉ(笑)。

SC鳥取ドリームスは、守りを固めてカウンターというゲームプランはしっかり実行できましたが、カウンターアタックの迫力不足は否めず。あと1人でも長い距離を走ってゴール前に詰めていれば……という場面が何度となくありました。


うどんですか? 仏生山「田」の期間限定・鳥つくねおろし、めちゃうまでした。都合により写真を撮れなかったのが残念。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

It"s the natiomal passtime!

It"s the natiomal passtime!
It"s the natiomal passtime!
It"s the natiomal passtime!
FINAL

GIANTS 9-1 ROCKIES


サンフランシスコ最後の夜は、AT&Tパークでこれも念願のMLB生観戦!ざんす。

内野2階のちょっとお高いクラブ席を張り込んだのですが、専用ラウンジにはこんな犬がいたりこんな写真があったり(反射してよくわからない? サンフランシスコ・ジャイアンツといえばマッシー村上でしょう)で、ゲーム前から楽しめたざんす。

野球観戦はアメリカのnational passtimeだといいますが、たしかにNFLの観客ほどは勝負モードに入ってなく、もう少しリラックスしたムードざんす。もっとも、クエストフィールドの観客たちも、セーフコフィールドに行ったときはこんな感じなのかもしれませんなあ。

ジャイアンツは、ただいま売り出し中の若きエース、リンスカムが先発。早い回にリードをもらって、150km近い速球といい具合に落ちるチェンジアップが冴えました。2ストライクを取ると、観客が三振を期待して拍手や声を送りますが、それにしっかり応えて三振を奪って引き上げてくるあたり、売り出し中の面目躍如ざんすね(笑)。7回を11奪三振、暴投による1失点のみに抑えて14勝目。ええもん見せてもらいましたわ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

美式足球聨賽

美式足球聨賽
完成賽事

西雅圖海鷹28−0聖路易斯公羊


シアトルに行った一番の目的は、念願のNFL生観戦!ざんす。

今週がWeek 1ということで、たぶん私以上にこの日を待ちわびていたであろうファンたちが、大挙してやってきました。その数67,610人。

クエストフィールドは全米一crowd noiseがすごいといいますが、いやこれはホントにすごいざんす。相手のオフェンスがセットするたびに、まるで耳元で叫ばれているかのように音がビリビリ割れます。おかげでラムズはfalse start5回。いや、もっとあったかな? シーホークス圧勝の展開もあって、最後まで声の威力が衰えることはありませんでした。

勝負を分けたのは第2クォーター終盤でした。シーホークスのFGをラムズがブロックし、ボールを拾ってタッチダウン。やられた……と思ったら、official reviewがかかって、ラムズのディフェンスが12人いたのでタッチダウンは取り消しに。しかもファーストダウンをもらったシーホークスは、これをタッチダウンに結びつけ、7−7が14−0に化けて前半を終了。シーホークスがモメンタムをぐっと引き寄せたざんすね。

最高の気分で家に帰るシーホークスファンに混じって、私も最高の気分でサンフランシスコに帰ろうとしたら、サンフランシスコ空港が悪天候の影響で混雑してるとかで、搭乗は小一時間遅れるは離陸はさらに小一時間遅れるはで、ホテルに戻ったのは日付が変わる寸前。いやはや、長〜い一日だったざんす(疲)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

聖地巡礼(笑)

聖地巡礼(笑)
朝5時にホテルを出て、日帰りでシアトルに行ってきたざんす。

スターバックス友の会としては、シアトルといえば1号店に行かずして何とする!つーわけで、詣でてきたざんす(笑)。

サイレンマークが昔のものなのと、店内がちょっと古めなつくりなのが、1号店っぽいかな。逆にいえばそれくらいの違いなんで、言われてみないとわからない人もいるかもね。

1号店限定グッズなんてのがないか、つい探してしまいましたが、昔のサイレンのマグカップくらいしかなかったざんす。てか、こっちはご当地ものってマグばっかりで、タンブラーはふつうのやつしかないっすよ困ったっすよKelliさん。

それと、店によって味のバラつきが大きいように感じるざんすけど。たまたまざんすか?

| | Comments (2) | TrackBack (0)

到着〜!

到着〜!
サンフランシスコざんす。

レンタル携帯でお送りしてるざんす。

何に苦労してるって、キーの打ち方がいつもの携帯と違うのがたいへんざんす(そこかい!)。

JL002はほぼON TIMEに到着しましたが、イミグレがアホほど混んでるのには往生したざんす。

ホテルにチェックインしたので、ちょっと落ち着いてから写真のMUNI PASSPORTでお出かけざんす〜。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

いきなりDELAYだと。

いきなりDELAYだと。
昨日は23時まで、今日も14時半までヒーコラ働いて、なんとか「悪いけどあとはよろしくねm(_ _)m」というレベルまで片づけて、これから三藩市・西雅圖へ行ってまいります。

しかし、JL002は25〜30分遅れるとのアナウンス。そんなわけで、日航候機室ではおなじみの品々で(笑)いま少しまったりと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

かまずにいえるかな

かまずにいえるかな
■第1関門
私が注文するとき

■第2関門
レジのパートナーさんが復唱&オーダーを通すとき

■第3関門
バリスタさんが復唱&できあがりを渡してくれるとき

これらを含め、すべての機会でみんなが正確に「クレームブリュレフラペチーノ」と言えたら、ニッコリ笑ってタンブラーを受け取ることにしています。

くだらねーと思ったあなた、試しに「ばーそなるとーるくれーむぶりゅれふらぺちーのー」と一気に言ってみてください。けっこう難しいっすよお。

しかし、これまでの成績は2/3。なかなかのもんです。去年、クレームブリュレラテが初登場したときは、パートナーさんたち噛み噛みーの滑りまくりーのだったのに。さては再登場が決まってからみんなで特訓したな(笑)。

と、ここまでが本題のようで、じつはマクラにすぎなかった! このモンブランめちゃウマでっせ!! ひと口食べただけで、もう栗の風味がブワーッと広がって、重量感たっぷりのペーストがズシッ!! ドシッ!! はっきり言ってそこらのケーキ屋さんのモンブランなんざ足元にも及びませんぜ!!! 申しわけないけどバナシブは“二押し”に転落(^_^;)。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

シスコシートでまったり観戦

シスコシートでまったり観戦
完成賽事

鷹隊12−3雄獅隊

今日は雄獅隊迷のせっちゃんにお越しいただき、シスコシートで呉越同舟観戦です。

ストレスフリーなゆったり革張りシートにテーブル、さらに試合のリプレイ映像や選手情報が見られるタッチ式モニタがあって、あーでもないこーでもないと言いながら野球を観るにはなかなかよい席でした。

肝心のゲームは、雄獅隊リリーフ陣の苦しい台所事情がモロに表れて、せっちゃんには残念な結果となってしまいました(鷹隊には「“勝たせてもらった”ゲームなんだから勘違いするなよ」と言っておきたい)が、どこかのチームのファンみたいに、結果が悪いととりつく島もなくなるなんてことはなく、きっちりネタを拾って楽しんでいただけたようで、さすがです。

4時間近いズブズブの展開だったので、その後の行動にも影響が及び、あやうく最終便にNO SHOWを食らうところでした。平謝りに謝って、3番ゲートまで全力疾走。たいてい6番なのに、こういうときに限って3タミだもんねえ。罰走? あー、そういうことっすか(^_^;)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« 八月 2009 | Main | 十月 2009 »