« ビミョ〜だけど妥当? | Main | 雨の香港大球場 »

現在のレートで1737円のラーメン

現在のレートで1737<br />
 円のラーメン
蔡瀾(チャイラン)さんという、ものすごく乱暴に言って香港の服部幸應みたいな人がいまして、この人が日本で出版した『蔡瀾の香港をまるごと味わう』ってなタイトルの本(正確には覚えてないっす(^o^;)に載っていた「一碗麺」というお店のエビそばです。

日本でエビそばといえば、あっさりとした塩味のラーメンを思い浮かべますが、これ、スープ濁ってるっすよ( ̄□ ̄;)!! エビの香りも濃厚っす! それにネギ! 表面に散らしてある刻みネギじゃなくて、麺と一緒に隠れてるザク切りのネギが、焼いて香りを出してるうえにトロトロにやわらかくて、めちゃくちゃうまいっす〜!!!

このお店はエビそばと牛肉麺が二枚看板で、じつはすでに牛肉麺をお試し済みなんですが、牛肉麺はたしかにうまかったけどまあ予想できる味でした。しかしこのエビそばは、予想をはるかに超える、というか今まで食べたことのない味わいで、正直びっくらこいたっす(^o^;。

で、どちらも一杯150香港ドルというおっそろしい値段でありまして(ふつうの粥麺店なら30〜50ドルくらい)、その理由は主にスープにあります。豚骨でも鶏ガラでもなく、なんとフランス料理のブイヨンがベースになってるんですよね。詳しいことは蔡瀾さんの本をご参照いただくとして、150ドル出しても食べたいかと言われれば、エビそばは“yes”です。この味はワンアンドオンリーっすよ。ハマりましたよ私ゃ。

|

« ビミョ〜だけど妥当? | Main | 雨の香港大球場 »

美味」カテゴリの記事

香港」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67684/46451140

Listed below are links to weblogs that reference 現在のレートで1737円のラーメン:

« ビミョ〜だけど妥当? | Main | 雨の香港大球場 »