« 見応え満点の投手戦 | Main | 誰もが幸せになれた劇場 »

誰も幸せになれないドロー

誰も幸せになれないドロー
全場完

鳥棲砂岩隊 1
熊本羅亞素 1


前半、ボールポゼッションで優位に立って、いい感じでパスをつなぎながら攻めるも、決め手を欠いてゴールには至らず。そして後半の立ち上がり、明らかに集中を欠いたところを突かれて先制点を奪われ、追いかける展開になってしまいました。

ロアッソの原田が警告2回で退場となっても、失った流れをなかなか取り戻せませんでしたが、終盤の総攻撃でなんとか1点もぎ取り、敗戦だけは免れることができましたが、勝てるはずのゲームでもございましたね。プレーの精度もゲーム運びもまだまだ拙いことが、あらためて浮き彫りになった感じがいたします。

ロアッソにとっても、守備に追われながらも決定的に崩される場面はなかっただけに、逃げ切れず勝ち点1に終わってしまったのは残念だったことでしょう。小川主審もゲームをコントロールしていたとは言い難く、スタジアムの誰一人として終了の笛を幸せな気分で聞いた者はいなかったゲームでございました。とほほ。

|

« 見応え満点の投手戦 | Main | 誰もが幸せになれた劇場 »

鳥棲砂岩隊」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67684/48215514

Listed below are links to weblogs that reference 誰も幸せになれないドロー:

« 見応え満点の投手戦 | Main | 誰もが幸せになれた劇場 »