« やっと今年初 | Main | 押しながらドロー »

地域決勝@高知

地域決勝@高知
全場完

福島ユナイテッド0−1カマタマーレ讃岐

AC長野パルセイロ4−1さいたまSC


今年の一次ラウンド随一の激戦区と目されるグループC。初戦は、カマタマーレとパルセイロが、結果としては順当に勝ち点3を挙げました。

カマタマーレは得意の速攻で先制したものの、失点したくないという意識が強すぎるのか中盤がいつにも増して下がってしまい、セカンドボールを拾えずに押し込まれる時間帯が多くなってしまいました。1点差で逃げきれたのは、ラッキーな面も少なからずございましたね。福島はCF小林康剛の見事なまでの消えっぷりがすべてを物語っているかと(^_^;)。

パルセイロは前半のうちに追いついたのが大きゅうございましたね。攻めに出たときの迫力はなかなかな一方、守備に相変わらず不安を抱えています。さいたまは“先生攻撃”でゲームをおもしろくしてくれましたが、実力差は否めませんでした。


さて、春野総合運動公園は、以前のこの大会で球技場を訪れたことがございますが、J公式戦開催実績もある陸上競技場では、今回が初観戦。というわけで、じつは県一スタジアムの旅・高知編てもございます。

このスタジアムの特徴は、何といってもバックと両サイドのスタンドですね。もともとあった申しわけ程度の芝生席につけ足すようなかたちで、椅子席のスタンドを増築しています。椅子席は高さがあるので、バックスタンドでも観やすいと思われますが、ゴール裏のサポーターにとっては逆にピッチが遠く感じられそうでございますね。

|

« やっと今年初 | Main | 押しながらドロー »

足球」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67684/50093521

Listed below are links to weblogs that reference 地域決勝@高知:

« やっと今年初 | Main | 押しながらドロー »