« 地域決勝@市原 | Main | 東京國際機場日航候機室 »

そして笑ったチームは

そして笑ったチームは
そして笑ったチームは
全場完

Y.S.C.C.0-0(PK3-1)AC長野パルセイロ

三洋電機洲本0−1カマタマーレ讃岐


すべてが決まる決勝ラウンド第3日。

YSCCが3位に入るには、90分勝ちしたうえに三洋が90分負けすることが条件となります。一方パルセイロは、90分負けさえしなければその時点で2位以上が確定します。

したがって、第1試合は攻めに出るYSCCと自重気味のパルセイロという展開に。しかしパルセイロも、宇野沢というこのレベルでは明らかに別格の能力を持つFWが、したたかにゴールを狙って、YSCCに失点の恐怖を植えつけていきます。

とくに後半は、見応えのある攻め合いが続きましたが、結局どちらもゴールを割れず・割らせず、タイムアップの笛とともに歓喜のパルセイロと失意のYSCCに明暗が分かれることとなりました。

しかし、PK戦で気持ちが切れていたのはパルセイロのほうでございました。YSCCは、去年に続いて何の希望もないPK戦をしっかり勝ってみせました。まったくもってすばらしいチームでございます。ただ、この大会を勝ち抜くには、何かいま少しプラスアルファが必要なのではないでしょうか。

第1試合終了時点で、パルセイロの2位とYSCCの4位が決まりました。これを受けて第2試合は、三洋が90分勝ちすれば三洋の優勝、それ以外の結果ならカマタマーレが優勝となります。

このゲームで目立ったのは、カマタマーレのチームディフェンスの徹底ぶりでございました。我慢すべき時間帯にきちっと我慢できるのは、大きな強みといえましょう。

去年は10番の吉沢が攻守のすべてを担っていた印象がありましたが、1年で違うチームになりましたね。

三洋も、昨日とは別のチームのようでした。昨日は「死んだふり作戦」だったという関係者もいらっしゃいましたが(^_^;)。入れ替え戦では、死んだふりなど要らぬこと。ガチでJFLを狙っていただきとうございます。


それにしても、会場の市原臨海競技場。今になってみると、よくまあここでつい数年前までJ1の公式戦が開催されていたものだと、逆の意味で感心してしまいます。フクアリができたら、そりゃあもうここじゃあ公式戦はやれませんわねえ。

|

« 地域決勝@市原 | Main | 東京國際機場日航候機室 »

足球」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67684/50257623

Listed below are links to weblogs that reference そして笑ったチームは:

« 地域決勝@市原 | Main | 東京國際機場日航候機室 »