« 十二月 2010 | Main | 二月 2011 »

ミドリガメの次は……?

ミドリガメの次は……?
JALグローバルクラブから宅配便が届きました。

開けてみると、「おまえは物好きにもJAL便に通算750回乗りやがった。呆れてものが言えないので、かわりにこのタグをくれてやる。ありがたく受け取りやがれ」という手紙と、写真の茶色いタグがございました。

以前送られてきたのは写真右の通称「ミドリガメ」でした。今回の茶色は、どんな通称なのでしょうか。とんと見当がつきませぬ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

よこづなずもう

よこづなずもう
隠岐の海−稀勢の里、把瑠都−白鵬という割りを見た時点で、これはかなり高い確率で今日白鵬の優勝が決まるのではないかと予想いたましたが、そのとおりになりました。

白鵬は先に上手を取ったものの一枚まわしで、さすがに寄りでは勝負をつけられません。どうするのかと思って見ていたら、一瞬の上手ひねり! 把瑠都を文字どおりひねり倒しました。いやー、技の引き出しが違います。

優勝争いの何のと言う前に、毎場所ふた桁勝っているのが白鵬だけというのが現状でございますから、お話になりませぬ。

来場所、隠岐の海はまあ勉強として、ガブ奨菊や豪太郎君が続けてふた桁勝てるかどうか、注目したいと存じます。あ、稀勢も明日勝てば10番か。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

博多・くずし割烹「いとちひさき」

博多・くずし割烹「いとちひさき」
ニコリの鍜治さんに連れられて訪れたのが3年前でしたか4年前でしたか。以来、月替わりのコースを毎月いただいておりましたが、このほど事情により店じまいということになり、これが“最後の晩餐”でございます。

はしり・さかり・なごりという懐石料理の基本はしっかり押さえつつ、素材とその取り合わせや調理方法に思いもよらぬ創意工夫を凝らしていて、どんな料理で驚かせてくれるのか毎回楽しみにしておりました。

店名のとおり一品一品はごく小そうございますが、コースをひととおりいただくときっちり満腹になっているというあたりの塩梅も、絶妙というほかございません。

これで来福の楽しみがひとつ減ってしまいますが、じつは東京で新たに名前を変えてオープンする予定なので、残念という気持ちは皆無でございます……あ、福岡へ行く人にお勧めすることができなくなったのは残念かな(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

だから準優勝はもういいって言ってるのにぃ

だから準優勝はもういいって言ってるのにぃ
天皇盃決賽

全場完

鹿島鹿角 2
清水心跳 1


あけましておめでとうございます。

エスパルスはさっぱりめでたくない内容のゲームで、またしても優勝を逃してしまいました。

悔しいとか腹が立つとかいうより、もう見飽きた〜というのが正直なところでございます。

監督をはじめ、このメンバーの限界が如実に見えてしまったゲームではありました。ここでチームをつくり直そうとフロントが考えたのもむべなるかなでございます(どうつくり直すのか、という問題は別にありますが)。

近いうちに、移籍が噂されている選手たちの去就がバタバタと正式アナウンスされることでございましょう。

来季はどうなるのやら、現時点ではまったくわかりませぬ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« 十二月 2010 | Main | 二月 2011 »