« 三月 2011 | Main | 五月 2011 »

いただきました。勝ち点3つです!((c)堺正章)

いただきました。勝ち点3つです!((c)堺正章)
全場完

鳥棲砂岩 3
東京緑茵 1


カウンターから絶好調男・早坂がゴールネットを2度揺らして前半を終えましたが、ボールポゼッションではヴェルディにかなわないなあと、サガンの選手はもとより観客もみな実感したことと存じます。

案の定、後半はさらに攻勢を強めるヴェルディに対して、サガンは前半ほど効果的なカウンターを仕掛けることができず、1点差に追い上げられてからはなんとかしのぐのが精一杯。ロスタイムを含めてまだ10分近くある時間帯から、CKをゴール前に入れずコーナーでキープしようとするありさまでした。

それでも最後は、相手の不注意から豊田が“いただきものゴール”を決めて、ホーム初戦をめでたく締めくくりました。

早坂はもし単年契約なら、今からでも複数年契約を結ぶようクラブに申し上げとう存じます。強豪クラブに0円で持っていかれたらそれこそ大損というものでございましょう。

試合後、サガンの選手たちが各スタンドを回って万歳三唱する一方、開幕3連敗に納得のいかないヴェルディサポは選手とただならぬ話し合いの様子。内容は圧倒しながら、カウンターやミスから失点して負けるという同じパターンが続いているので、他所様のことではございますが気持ちはわかります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

なでしこ開幕!

なでしこ開幕!
全場完

伊賀FCくノ一2−0福岡J・アンクラス


先日のJFLに続き、やはり震災の影響で1〜4節が延期となったなでしこリーグが、今日から開幕でございます。

しかしマリーゼの活動休止は、致し方ないとはいえまことにもって残念に存じます。原発の問題が片付かないかぎり、今後の展望も何もあったものではございませんから、選手の皆さんの不安は察するに余りあります。移籍するか、会社に残るか、今の時点では難しい判断でございましょう。

そのマリーゼから古巣の伊賀に戻ってきた宮本さんも、マリーゼの状況には人一倍心を痛めていることと思われますが、今日は鬼神の如き大活躍。登録はMFながら2トップの一角としてスタートし、ときにはメッシのように“なんちゃって9番”になり、ときにはボランチの位置まで下がってグァルディオラになり、なおかつ相手DFからボールをかっさらってGKもかわして先制点を挙げ、さらにはFKを直接決めてチームを勝利に導きました。さすがです。すばらしすぎます。いやはや恐れ入りました。

折しも当地では「伊賀上野NINJAフェスティバル」が開催中で、街なかをチビッコやら女子高生やら家族連れやらの忍者がうろうろしていますが(笑)、“変わり身の術”といい敵を仕留める伝家の宝刀の切れ味といい、宮本さんに勝るくノ一はおらぬでござるな。ニンニン(伊賀鉄道の車内放送に毒されておる)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

JFL開幕〜!

JFL開幕〜!
全場完

松本山雅FC1−2ブラウブリッツ秋田


震災の影響で6節まで中止(延期)していたJFLが、ようやく7節から始まりました。

昨日はJリーグが再開しましたが、家内労働のためスタジアムには行けず。今日はどっか行くぞ!と決意したところで、映画「クラシコ」を思い出し、アルウィンにやってまいりました。

試合前に、秋田サポから「栄村」コールが起こり、松本サポは「がんばれ東北」コールでお返し。すると秋田サポは続けて「ソニー仙台」コール。松本サポが唱和すると、こんどは「ニッポン」コール。しっかり準備してきましたねえ>秋田サポ。

ゲームは、前半は山雅のアプローチの速さにブラウブリッツが後れをとる展開。後半はブラウブリッツも縦に速い動きがみられ、前半は“あったまってなかった”のだなと承知いたしました。アウェイで劣勢に立ちながらも粘って逆転勝ちとは、いや恐れ入りました。

山雅としては、前半のうちに3−0くらいにしておくべきでございましたね。ゲームを通してチャンスの数では圧倒していただけに、「負けた気がしねえ」という選手・サポもいらっしゃるのではないでしょうか。嗚呼、これもフットボール。7000人近い観客を集めながら、出端を挫かれる結果になったのは残念至極でございます。

来週のクラシコはだいじょうぶでしょうか。点の取り合いになったら、パルセイロのほうが上という気がいたしますが……。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

かわいそうなのはこの人

かわいそうなのはこの人
完成賽事

鷹隊10x−8雄獅隊


最後は松田のサヨナラ2ランでなんとか勝ちましたが、岩嵜君のプロ初勝利をリリーフ陣が寄ってたかってフイにしたゲームとして記憶されるべきでございましょう。

金澤もファルケンボーグも、そんなに岩嵜君を勝たせるのがイヤなのでしょうか。てか、君らがちゃっちゃと抑えて大差で勝つべきゲームだったのですよ。わざわざ自分たちでゲームをもつれさせてどうするんですか(怒)。

馬原に関しては、真面目な話いちど登録抹消して、心身とも100%の状態になってから出てきたほうがいいと思いまする。

現状では、クローザーを任せられるのは森福しかいないでしょう。度胸があるからやってくれると思いますし、1〜2度失敗したところでまだシーズン序盤ですからいくらでも取り返せます。でも、馬原でこのまま失敗し続けると、シーズンを通して苦労することになるのではないかと危惧いたしますね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

開幕戦大勝利〜!

關西足球乙組聯賽

全場完

關學球會 0
京都紫光 4


関西リーグは今日が緒戦。弊委員会がスポンサードする京都紫光クラブは、攻守とも狙いどおりの試合運びで、幸先よく勝ち点3を挙げました。拍手〜(パチパチパチパチ)。

ボールホルダーを2人でサンドするとことごとく奪取に成功していましたし、攻撃もサイドあり中央突破ありラインの裏狙いありとバリエーション豊富でございました。

前半で2点リードし、相手は退場で1人少なくなっていることもあって、後半は安心したのかやや精彩を欠きましたが、「90分間裏を狙い続けられる男」茶木君が抜け出して3点目をゲット。最後は前半外したPKも決まって、ケーキにイチゴが載りました。

こんな展開だと、さすがのKelli監督も吠える場面はありません(笑)。ピッチ上では多くの選手が声を出してコミュニケーションをとっており、特定の誰かに頼らずみんなで戦っていこうとする姿がみられました。

この完勝劇は、何よりも選手たちにとって、大きな自信と手応えをつかむものになったでしょう。

いやー、あまりに見事な勝ちっぷりでしたので、写真を撮るのをすっかり忘れてしまいましたよわっはっは(と、笑ってごまかす奴)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« 三月 2011 | Main | 五月 2011 »