« 五月 2011 | Main | 七月 2011 »

止めたベ!

止めたベ!
全場完

清水心跳隊 1
仙台維加泰 0


まるで我慢比べのようなしんどいゲームになりましたが、よく焦らずにやり続け、ベガルタに今季初黒星をつけました。

ベガルタとしては、自分たちのプランどおりにゲームを運べていると思っていたでしょう。勝敗を分けたのは、決定力のわずかな差でございましたね。じっさい、アレックスの決定力はたいしたものです。オーストラリアリーグ得点王の経歴はダテではございませんでした。あまり注目もされず地味に入団してきましたが、いい補強だったじゃあ〜りませんか(笑)。

観ていてフラストレーションが溜まった人もいらっしゃるかと思われますが、こういうタイトなゲーム、私はけっこう好きです(^_^)。

ボールを下げるとすぐ怒る方々(とくに小言オヤジ/オバサン系に多うございますね)に申し上げとうございますが、相手が陣形を整えて待ち受けているところにボールをむやみに突っ込んでも、カウンターの餌食になるだけではございませんか。相手かまわず攻め倒せるのは今のバルセロナくらいです。最終ラインでボールを回しながら次なるアクションを模索するのは、ぜんぜん悪いことではないと存じます(バルサでもGKまでボールを戻す場面はございますし)。もちろん、行くべきときはリスクを負っても勇気をもって行かねばいけませんが、それはボールを持ったら毎回というわけではないでしょう。

写真は、ヒーローインタビューを受ける碓井の前にチームメイトが群がって、プレッシャーをかけているところ(笑)。無失点で終われたのは、彼の功績大でございました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

三度目の正直でホーム100勝

三度目の正直でホーム100勝
全場完

鳥棲 2
岐會 0


チャンスの割には得点が少のうございましたが、先発FWが野田と池田では、ゴールゲットは早坂君お願いします!となってしまいますねえ。野田は1ゴールこそ決めたものの、動き出しやDFとの駆け引きはまだまだヒヨッコレベルでございますから。

ただ、前線からの連動した守備で狙いどおりにボールを奪って、素早くサイド攻撃を仕掛ける形は作れていました。

最終ラインも、中盤までの守備が機能していたので、さほど慌てる場面はありませんでした(前半に、100試合出場の室のために見せ場を作ったかのような大ピンチがありましたが(^_^;)。

次節の栃木戦も、この連動性で勝負していただきとうございますね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

連敗だよ1ゲーム差だよ〜(汗)

連敗だよ1ゲーム差だよ〜(汗)
完成賽事

鷹隊1−3火腿隊


昨日ダルビッシュに抑えられたのは折り込み済みで、今日こそ勝ちにいくゲーム!だったのですが、先制した直後に四球とバント野選(記録上はですが、松田が二塁にきちんと送球していればアウトでした)でチャンスを差し上げ、あっさり逆転。杉内には、厳しいようですが今日は完封が求められたゲームです。あそこはどうあっても抑えなければいけない場面でございました。

一方打線は、サウスポーの武田勝からなぜか左打者ばかりがヒットを打ち、右打者は揃ってため息しか出ないようなしょぼいバッティング。これでは勝てません。内川も多村もオーティズもいないと、とたんに6番まででおしまいになってしまいますね。江川も柳田も中村も、まだ一軍の敷居は高いようで……。

交流戦でセ界銀行からガッポガッポと貯金を稼がせていただきましたが、火腿隊さんも負けず劣らずの稼ぎっぷりだったことを忘れてはいけません。「先頭を行くランナーの背後にピッタリつけて走る瀬古」みたいでこわいよ〜(たとえが古すぎ(^_^;)。

もちろん、まだまだ順位がどうのと大騒ぎする時期ではございませんが、CSは1位でないと間違いなく突破できないでしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

発見と収穫の演舞場

発見と収穫の演舞場
急にお鉢が回ってきて、夜の部を観てまいりました。

〔吹雪峠〕
直吉がどう見てもアニキに見えないのが、じつに何とも辛うございますね。

〔夏祭浪花鑑〕
三婦かっこいいー!
むちゃむちゃかっこいいー!\(^o^)/

九郎兵衛と徳兵衛の殺陣がびみょーに合ってないのはどうしたものでしょう。もう10日になりますよ。

〔かさね〕
時蔵さんオンステージ。本公演では初役? シンジラレナーイ(笑)。


歌昇さんの又五郎襲名披露が予定されている秀山祭。せっかくなので観てみようかと思っておりましたが、今日の芝居と秀山祭の演目・出演者とを総合的に判断いたしまして、とりも直さずパスということに(^_^;)。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

結果オーライな(?)観光

結果オーライな(?)観光
長崎に投宿し、今日は島原でJFLを観る予定でしたが、朝起きると外は雨。たちまち挫けて、昼近くまで宿でうだうだしていたら、雨は止んでしまいました。あっちゃー!(>_<)

でも、私には「長崎歴史文化博物館」がございます。あそこなら1日いても飽きはせぬわと行ってみると、特別展「安野光雅の絵本展」がなんと今日までの開催。ラッキー!(^O^)

私がヘタレるのを待っていてくれたんですね、きっと(んなわきゃないって)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ちょっとお疲れ?

ちょっとお疲れ?
全場完

鳥棲砂岩 1
徳島漩渦 1


全体にボールへの寄せが遅く、というかボールがきてからあわてて反応するような場面が多かったため、セカンドボールをヴォルティスに拾われてポゼッションを許す苦しい展開になりました。

それでも、決定的な形まではつくらせず、岡本の意表を突いたミドルで先制しましたが、1−0でまんまと逃げ切りを図れるほどヴォルティスは甘くはございません。ことごとくヤラレていたドウグラスの空中戦から、飛び込んできた衛藤に恩返しゴールを押し込まれてしまいました。

暑さもあってか、後半には全員が青いカラーコーン状態になっていた時間帯もございましたので、勝ち点1を取れただけよしといたしましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« 五月 2011 | Main | 七月 2011 »