« 二月 2012 | Main | 四月 2012 »

連勝〜!

連勝〜!
日職足球甲組聯賽

全場完

鳥棲砂岩隊 3
神戸勝利船 0


実のある補強でパワーアップしたともっぱらの評判だったヴィッセルを相手に、このスコアっすよ。言っときますけど逆じゃないっすからね(笑)。

とにかく前からのプレスが利きまくってますね。野沢や橋本にほとんど自由を与えてませんでした。中盤でボールを持てないヴィッセルは、最終ラインからのロングボールで嘉人や朴康造に裏を狙わせるくらいしか攻め手がなく、嘉人はしだいにイライラモードに。これもサガンとしては狙いどおりでしょう。

相変わらずフィニッシュがショボいために潰したチャンスも多く、パスの強さやスピードにも課題はありますが、2つ勝ったくらいで慢心するような選手たちでもないですから、今後も目一杯戦って勝ち点を1つでも多く積み上げていきましょうぞ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

いよっ選手会長!

いよっ選手会長!
太平洋棒球聯盟聯賽

完成賽事

鷹隊5−2歐力士


先発・中山の投球にタイミングが合わず苦労していた鷹隊打線にとって、7回から「新・勝利の方程式」と称して許銘傑が出てきたのはむしろありがたかったかも。連打と四球で満塁のチャンスをつくり、本多君が走者一掃の逆転タイムリー二塁打。お見事でした。

ゲームを決めたのはこの一打でしたが、1点目と5点目も、ふつうは入らないところを明石君と福田君の足で挙げたもので、「打てなければそれで終わり」と言われていたのも今は昔ですねえ(^_^)。

今年から選手会長になった本多君、ヒーローインタビューでの受け答えも堂に入ったもので、勝利投手となった岩嵜君の“裏の顔”を暴露する余裕も。

岩嵜君は7回を2失点ですから、先発としてゲームをつくる役割は果たしましたね。「リズムが悪かった」「まだ信頼される投手にはなれていない」と、課題もちゃんとわかっているようですから、1年間ローテーションを守って二桁勝利を挙げてもらいましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

J1初勝ち点

J1初勝ち点
日職足球甲組聯賽

全場完

鳥棲砂岩 0
大阪櫻花 0


セレッソサポーターの皆さん、「J1、J1、サガン鳥栖!」という温かいコールをありがとうございました。

おまけに勝ち点1まで頂戴して……って、そこはやるつもりはなかったですか。そりゃそうですね。失礼いたしました。

セレッソの強力な攻撃をサガンがどこまで凌げるかがいちばんの焦点でしたが、前半は高い位置からのプレスで自由を奪い、終盤疲れてピンチを招くと赤星がビッグセーブを連発して、なんとか無失点で切り抜けることができました。

木谷と岡本が離脱という、去年なら非常事態のところを、ヨシキと根煥がきっちり埋めてくれたのも大きかったですね。また、木谷の隣で研鑽を積んだ成海が、堂々のDFリーダーぶり。いやー、頼もしい。

交代枠をすべて攻撃の選手に使った尹さんの采配には、勝ちにいくぞという強いメッセージを感じました。セットプレーを含め点になりそうな場面はつくれていましたが、今日はフィニッシュがいまひとつでしたね。スコアレスという結果には、尹さんは納得してないでしょう。

セレッソは、新加入のブラジル人たちがまだチームにフィットしきれておらず、チャンスをつくれるのは清武やボギョンの個人能力と酒本の上がりに限られる印象でした。それでも、磯崎が何度か(何度も?(^_^;)ヤラレてヒヤヒヤ。これでケンペスとブランキーニョが機能したら……想像するだに恐ろしいものがあります。


ともかくも、J1初戦としては、内容・結果とも悪くないといえるでしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

行こうかな? 行けるかな?

行こうかな? 行けるかな?
Jリーグはもはやほぼ決まったスタジアムで開催されているので、サプライズなスタジアムが期待できるのはJFL以下のカテゴリー&なでしこリーグということになる昨今。

その意味では待ちわびていた(笑)両リーグの日程が発表になっております。

まだまだ行ってないスタジアムがたくさんあるなあと思う一方、どうしても行ってみたい/行っておきたいと思うスタジアムは、減ってきております。

そんな中で候補に挙げたのは以下のとおり。


○七ヶ浜
○利府
ソニー仙台がこれらのスタジアムでホームゲームをやれるのは感慨深いものがあります。

○保土ヶ谷
○藤枝市民
ともに、全国リーグの有料試合をやるのはいつ以来?

○藤枝総合
ここは地域決勝を観にいったことがありますが、両ゴール裏からバックスタンドにかけて“タダ見パラダイス”で、おまけにスタジアム横の築山に展望台まであるという、有料試合をやれるものならやってみな!と公園設計者がケンカを売っているとしか思えない構造。ここでどのような運営ができるのか、見ものです(ウゥーンいけずぅー(^_^;)。

○秋津
○美作
意外にも、じつはまだ行ったことがありません。

○広島広域第1
なでしこリーグ今季最大のサプライズスタジアム。INACがわざわざここでホームゲームをやってくれるというのは、かなり“おいしい”でしょう。

○島原陸
昨年、朝の雨でヘタレたので、今年は強い意志を持って(笑)行きたいと思います。

○大分中津
JFLの今季最大のサプライズスタジアムはここでしょう。いやー、意表を突かれました。中津にJFL開催可能なサッカー場があること自体ノーマークでしたもんねえ。


……あはは、けっこうな数になってるぢゃないか(自爆)。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« 二月 2012 | Main | 四月 2012 »