濃ゆい仕事したはりまんなあ

濃ゆい仕事したはりまんなあ
今週号の『週刊SD』誌は、がっつりJ2特集。いきなり全18チームの監督がリーグ前半の自チームを総括するという突っ込みぶりで(ひとり「0点」をつけた岸野親分には笑った)、つい読みふけっちまったざんすよ。

“なればこそ”の大胆企画。やっぱ好きっす>『SD』。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

わあい大鵬だー

わあい大鵬だー
夏場所は日馬富士の初優勝で幕を閉じましたが、月刊『東京人』でこんな特集をやってたんですなあ。

大鵬に反応して買ってしまいましたが(えーえーそういう歳ですとも)、なかなかどうして大相撲のとらえ方はこうでなくっちゃ、という記事が満載の好企画でありました。

何といっても、宮本徳蔵先生に話を聞いてるのがグッジョブ。『相撲変幻』『力士漂泊』といった、目からウロコがボロボロ音をたてて落ちまくる“聖典”をものし、「大相撲の神髄」を語らせたらまさに右に出る者はないお方ですから。

で、先生、「荘子」できましたかあ〜。アンチヒーローを語るのに道教をもってくるとは思いもよらなんだ。恐れ入りましてございますーm(_ _)m。ついでに、どっかの週刊誌とライターよ、太刀山のエピソードを心して読め! 「八百長」を問題視することがいかにナンセンスか、宮本先生の爪の垢でも煎じて飲んで、しっかり勉強せい!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『週刊SD』2題

『週刊SD』2題
『週刊SD』2題
写真上の順位表を切り抜いて、額に入れて飾っている山形サポは少なくないとみた(笑)。

写真下は“股旅フットボール”宇都宮徹壱氏の月イチ連載コラム。今週末開幕のJFLをアパートに見立てたのは、まさに言い得て妙で、めちゃめちゃ笑わしてもらいました。センター特集がJFL選手名鑑なのも相まって、今号を読んでJFLを観に行こうかと思う人は少なくないとみた(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

涙なしには読めませぬ(ToT)

涙なしには読めませぬ(ToT)
今週の『週刊SD』センター特集は「サガン鳥栖ダイジェスト」。飯尾と高地の爆笑トークもいいけど、何と言ってもフューチャーズ時代からの苦難の歴史を一身に背負ってきた唯一の男・永井強化部長の昔語りが、サガンティーノにとっちゃ感涙もの!

つい数年前まで「カネない、モノない、人いない」のないないづくしで、シーズンオフはお家騒動のゴタゴタ続きだったサガンが、曲がりなりにもプロサッカーチームの体裁を保っていられたのは、この人のまさしく三面六臂の働きがあったからこそ。裏方全般はおろか、天皇杯じゃ選手登録までしたこともあったよねえ。

けっして足を向けて寝てはいけないお方です。皆の者、頭が高い! 控えおろうー!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

やべっちじゃないか!

やべっちじゃないか!
サガンサポーターにとって「やべっち」といえば、ナインティナインの矢部浩之でも、いまや競馬予想師?の矢部美穂でもなく、この矢部次郎をおいて他にありません。『週刊SD』、グッジョブ!!

そうかー、故郷で現役復帰かあ。Jリーグを目指すクラブは全国に数あれど、地域を巻き込んで“気運”を盛り上げることができるかどうかが、大きなポイントになってきます。ピッチの中より外で苦労しそうだけど、「サッカー不毛の地」と言われたようなところにもJクラブはできてます。それを励みに、奈良らしいクラブのあり方を追求してもらいたいと思いますね。

脳天気に「頑張ってください」なんて言うだけで締めるにはあまりに重い決断なので、いまかなり言葉を選んでます(^_^;)。でも締めはやっぱりこれしかないよね。

やべっち!(ドドドド)やべっち!(ドドドド)やべっち!(ドドドド)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

グッジョブ!(^o^)b

グッジョブ!(^o^)b
『ダ・ヴィンチ』でこんな特集やってたなんて、ぜんぜん知りませんでしただよーあぶなく見逃すところでしただよー。

なかじまさん好きには堪えられない内容ですなあ、ってかこれ作った編集者も相当ななかじまさん好きとみた。

ニューアルバム&ツアーが楽しみっす。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

その意気や良し

その意気や良し
今週の『週刊SD』誌は、ワールドカップドイツ大会の日本対オーストラリア戦からちょうど1年なのに合わせて、「6.12を忘れない」という特集を組んでます。
こんな企画やるサッカー誌はほかにないよ。写真の編集長巻頭言をはじめ、骨太な記事・インタビュー・寄稿が並んで、読みごたえ充分。とくにこの巻頭言は、なるほど編集長がこう思ってるからこういう特集になったわけねと頷かせる、熱のこもった文章です。

私はSD誌の回し者ではありませんが、これは必読!!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

つくのかよ!

つくのかよ!
去年から、本誌の付録をやめて「どっちの選手名鑑ショー」にしたはずなのに、また本誌につけてるやん!>週刊SD
情報量がぜんぜん違うのはわかるけど、ほなこれは何のために? 携行用いうたら、文庫サイズのが出とるし(他社だけど)。

これで高い特別定価とられるのは納得いかーん!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

どっちの選手名鑑ショー

どっちの選手名鑑ショー
2007年版のJリーグ選手名鑑が、SM・SD両誌から今日発売になりました。
私はふだんD誌を愛読していますが、去年の選手名鑑は、D誌版は正直見づらかったのでM誌版を買いました。
さて今年は……?と両誌版を比べてみると、どっちもえらくボリュームアップ。これで税込650円かよ!?と目を疑ってしまいました。
パッと見では情報量も大差なさそう。では何が決め手になったかというと、じつは紙質でした。M誌版は、本文用紙にコシがなくめくりにくかったんですね。D誌版のほうが分厚くなってますが、持ち運ぶつもりはさらさらないのでぜんぜんオッケーっす。

こういうものを買ってくると、ホント開幕が待ちきれなくなってきますなあ。ウヒヒヒ、楽しみ楽しみ。
(壊れるのはまだ早いって>ぢぶん(^_^;)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

巻頭小特集!?

巻頭小特集!?

まるで『エスパルスニュース』のような表紙の、『週刊サッカーダイジェスト』今週号。しかし、表紙のわりには実質10ページと大特集とは言いがたいボリュームで、ちょっと肩透かしを食ったような。ま、特集してくれるだけありがたいんですが。
そもそも、特集のテーマは「考察・新世代台頭」で、その例としてエスパルスが取り上げられているのでした。でも選手インタビューはテル。テーマと違う!ってツッコミが入りそうですが、いやいや『ダイジェスト』は今年のエスパルスをよくわかってる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧